石原莞爾(稀代の戦略家・預言者) (4): 金銀投資作戦参謀本部戦闘記録書庫

2011年04月16日

備忘録

暫く過去に私が感じた備忘録が続きます。 あしからず。

20110416佐藤優
「外務省のラスプーチン」元・対露外交官の佐藤優

鈴木宗男と共に逮捕されたことで有名な「外務省のラスプーチン」こと佐藤優氏は東郷茂徳の孫の外務官僚、東郷和彦言葉を借りて著書『国家の罠―外務省のラスプーチンと呼ばれて』でこんなことを彼に言わせていた。

組織の中の4種類の人間で最も有害なのは誰だ?

@無能だがやる気のある人
A無能でやる気の無い人
B有能でやる気のある人
C有能だがやる気の無い人

答えは@無能だがやる気のある人。

理由は「無能だがやる気のある人」は、無自覚に周囲に迷惑をかけ、組織の害となる。


残酷に聞こえるかもしれないが、私も賛成する。

「戦争の指導は君にはできないことは最初からわかり切ったことだ。 このままで行ったら日本を亡ぼしてしまう。 だから一日も早く総理大臣をやめるべきだ」

例えを挙げよと言われれば、東条英機と答える。 2000年を超える日本史の中で最優秀であり不世出の名将(時代に登場してきた人物の中で)石原莞爾を追放し、自ら作戦指導した結果日本を惨敗させてしまった責任は死をもってしても償えない。  

ここに石原莞爾の幼い頃からの友人であった横山臣平氏の著書『秘録石原莞爾』(絶版)の中から、石原莞爾に対する評価を残します。  この本は絶版ですが、図書館で借りたり、中古で買ったりしてぜひ読んで欲しい本です。  この本以外で石原莞爾に関して現在入手可能で推薦できる本はあと一冊しかありません。

その中から一部を書き残します。

「日本の興亡を左右する重大時局、すなわち石原を最も必要とする時に、彼の偉才を活用し得なかったことは、日本をしてあのような悲劇に陥れた最大の要因であり、全く残念の極みといわなければならない」

「石原は正に才幹抜群、卓見奇偉、機略縦横の語がぴたりとあてはまる実に不世出の名将であり、私は永く日本民族の誇りとして伝うべき大偉人であると確信する」(一部省略)

「人間的にも才能的にも全く偉大な傑物であった。 彼の頭脳のひらめきは、常人の端倪し得ないものばかりで、彼をもっと活用していたら、日本はあんな敗け方をしなかったろうに」(陸軍省人事局長 飯沼守談)



2011年01月30日

石原莞爾について

興味がある方だけお読みください。

私が尊敬してやまない掲題の人物について知ってみたいという方は『板垣征四郎と石原莞爾』を読んでみてください。  彼については、彼自身の著書もありますが、最初に読むのはこれがいいでしょう。  

きっとこんなすごい人間が日本人にいたのか!と思うことでしょう。  私が彼の事を尊敬してやまない理由は、物事の要点を的確に把握できること―一言でいうとこれに尽きます。  生きていく上でいや成功する上で、十分通用する真理でしょう。  

私は中学生の時に初めて彼に出会いました。 それ以来様々な歴史的な人物に本を通じて出会ってきましたが、現在に至るまで彼を超えるくらいの魅力的な人物に出会ってません(私も純粋な日本人ですから、どうしても日本人贔屓があると思います)。  生涯無敗だったアレクサンダー大王(歴史的に名を残した人物で死ぬまで無敗だったのは彼くらいしか知りません。 最後はマラリアで死んでしまいました)に始まり古今東西魅力的だったのは、数多くいましたけれども。  もし、石原莞爾をご存じの上で彼を超えると考える人物がいたら教えてください。 是非そんな人物に出会ってみたいです。  例え本の中であっても。

2011年01月26日

今日も独り言

金銀が大きく調整してます。  私は不動産に移す前の最後の資金を全て金銀に移しました。  次に利確するときは、不動産を購入する時です。  さて…

読者の方は、なんでそんなに石原莞爾を尊敬してるの?と思われるかもしれません。  既に記事を見れなくしていますが、先日地頭がいいとか東條英機が一億人いても石原莞爾一人にかなわないとかそんなことを書いたと思います。   一般に信じられてることを鵜呑みにすることなく自分の頭で考えてください。  そして興味がある人は調べてください。  

日本人(大和民族)というのは、実に面白い。  織田信長や石原莞爾のような異能な人物を時々生み出す。 織田信長の存在なんか日本人の歴史からしたら断絶したかのような、まるで突然変異で生まれ落ちたような人間ですからね。   

そして石原莞爾も同じくらい異能な人物です。  天才とは作られるものでないことをつくづく感じます。  石原莞爾を語りだしたらきりがないのでこの辺にしときますが、最後に皆さんもご存じの世界的に有名な指揮者『小澤征爾』の名前の由来を書いて終えます。  板垣征四郎はA級戦犯で処刑。 石原莞爾は満州事変の首謀者。 これだけで日本人は拒否反応です。  ではなぜ小澤征爾の父は我が子にそんな犯罪者(とされた)人達から名前を貰ってつけたの?  あなたも我が子に犯罪者から名前を取ってつけますか? 尊敬している人物からでしか取りたくないでしょう?  常識(通説)を疑ってください。 自分の頭で考えてください。  

満洲国奉天市(中国瀋陽市)生まれ。父小澤開作は歯科医師。協和会創設者の一人で、親交のあった板垣征四郎と石原莞爾から一字ずつ貰って第三子を「征爾」と命名した…Wikiより。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。