政治・経済・歴史・特亜中韓 (3): 金銀投資作戦参謀本部T・U

2014年01月03日

フジTV流謹賀新年

「たった60万人の在日韓国朝鮮人に支配された1億人の日本人奴隷!」(8月31日、韓国SBSテレビ番組)

李明博韓国大統領が、「北朝鮮の復興は心配ない、日本にやらせるのだ。私が日本にすべてのカネを出させる、我々はすでに日本を征服しているからだ。奴らのカネは我々が自由にできる、日本は何も知らない、フジテレビが証拠、日本人はよだれを垂らして見ている、私にまかせろ、日本にいるのは私の命令に忠実な高度に訓練された私の兵隊だ!」と、いわゆる日本征服宣言を行った。

よだれを垂らして見ている日本人に、朝鮮TVフジ支局から謹賀新年だ。

20140102 フジテレビ謹賀新年.jpg

どういう神経でこのようなことをするのか?

間違いなく、日本人の思考ではない。

如何にフジTVが汚鮮されているか新年早々気付かせてくれる。
posted by kanji at 11:52| Comment(0) | 政治・経済・歴史・特亜中韓 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月22日

脱亜論

福沢諭吉の脱亜論を要約してみた。

古きを温めて新しきを知ると云うが、古きどころかそのままでも通用する所が、ある意味恐ろしい。

..................................................................................

《脱亜論》《朝鮮人民のために其国の滅亡を賀す》《文明論之概略》等を総合・意訳すると、福澤諭吉(1835〜1901年)の朝鮮・中国観はこうなる。

(1)過去に拘泥し、国際紛争でも「悪いのはそっち」と開き直って恥じない。この二国に国際常識を期待してはならない。
(2)国際の法やマナーを踏みにじって恥じぬ二国と、隣国故に同一視されるのは一大不幸
(3)二国には国際の常識・法に従い接すべし。(国交は別として)気持ちにおいては断交する
(4)文明とは智徳の進歩なり
(5)大国に擦り寄り右往左往する事大主義、国家に挺身する憂国の志士の少なさは、国家を滅亡させる。

..................................................................................

世界は進歩しているとは限らないのである。

今更ながらの脱亜論だが、時々古い諺や本を読み返す価値はある。

2016年からやっと第二次脱亜(支那・朝鮮)が始まり、東亜(東南亜細亜)との反映が始まる。
posted by kanji at 11:19| Comment(0) | 政治・経済・歴史・特亜中韓 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月30日

ホモサピエンスとネアンデルタール人の違いの如く

竹島で韓国軍が軍事演習とのニュースが流れた。

在日はしばき隊に代表されるように、相変わらず反日行為に走っている。

本当に虫唾が走る存在だ。

歴史的に見事なくらいこれ以上のない最悪のタイミングで最悪の選択を常にしてきたのが朝鮮人という生き物だ。 それはもう惚れ惚れするくらい見事なくらいに。

そもそも日本人及びその他の外国人(中国人は除く)と韓国人はホモ・サピエンスとネアンデルタール人と同じくらい異なる種ではないだろうか? 

在日朝鮮人はサナダ虫と同じようなもので、寄生体が死んでしまうと自分も死ぬことが理解できない。いや寄生虫だって寄生体を本体を殺す行動は採らないだろう。 それを考えてみてもまだサナダ虫の方がおりこうさんに思える。

人類の祖先はホモサピエンスだが、朝鮮人はネアンデルタール人ではないのか? と半ば本気で考える。 いずれにせよもうすぐ絶滅する種だ。 別にナチスドイツのように、朝鮮人にチクロンBが散布されるとかいう意味ではない。 経済的繁栄が絶頂を迎え、今後世界からその存在が消えていくことと、南米で共存できない民族と名指しで批判されたように、世界から嫌われていろんな意味で消滅していくということだ。

在日達が祖国へ強制徴兵される日が、一日千秋の思いで待ち遠しい。 日本人はやっと内部から侵略されていることに気が付いたばかりだが、韓国本国が手を打ってくれるのだから、満面の笑みで協力してあげないといけない。

徴兵された在日は、本国人から戦争や徴兵から逃亡して、日本で贅沢な暮らしをしてきたと本国人は考えてるようなので、鍛えなおしてくれるでしょうから、在日さんたちもきっと将来は感謝すると思うだろう。

とにかく、一日も早く日本を日本人の手に取り戻さなければならない。

日本を取り戻すと宣言して首相になった阿部さんだ。

有限実行して欲しい。

私は朝鮮人に対してここまで怒っている。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...