【5713】住友金属鉱山(株): 金銀投資作戦参謀本部戦闘記録書庫

2013年01月18日

日本の金鉱株“住友金属鉱山” 4

菱刈鉱山で約8万トン、ポゴ鉱山で約10万トン。

金産出の割合ではポゴ鉱山の方が高いことがわかる。

アラスカの極北で産出している訳だから、オペレーションコストも馬鹿にならないであろう。 

※現在の産出コストは1onz900〜1000$という情報を貰った(禅師さんより)。

2013ポゴ鉱山地図1
現在採掘中のリサ鉱床と探鉱中のイーストディープ鉱床

菱刈鉱山、ポゴ鉱山、合わせて年間18トンを生産している住友金属鉱山ですが、1onz(正確にはトロイオンス)31.1035グラムで計算してみる。 会社が公表している金の産出量から割り出した数字だが、金の売上高は1,000億円を超えているようだ。


g換算

18000kgx1000=18,000,000g

onz換算

18,000,000g÷31.1g=578,778onz

1onz≒1750$として

578,778onzx1750=1,012,861,500$

円換算

1,012,861,500$x88円=89,131,812,000円


両鉱山からの金の売上高は約891億円

その他合わせて1,000億円強。

会社全体の売上高,は、連結で約8,641億円

売上高に占める割合は約11%となる計算になった。

全売上に占める金の割合が11%では、金鉱株とのカテゴリーに含めるのはどうか?という考え方もあるが、日本で商業ベースに乗っている金鉱山を持つ会社ということであれば、やはり住友金属鉱山しかないのである。

日本では、ここまでの金の産出量を誇る会社は他にない。


東証一部  5713(株価チャート)
社名   住友金属鉱山株式会社
本社所在地 〒105−8716 東京都港区新橋5丁目11番3号(新橋住友ビル)
創業   1590年(天正18年)
設立   1950年(昭和25年)
資本金   932億円
従業員数  連結  8,658名 / 単独 2,164名
売上高   連結 8,479億円 / 単独 7,234億円(2011年度)
経常利益  連結 1,088億円 / 単独 768億円(2011年度)
事業内容  資源開発、非鉄金属製錬業、電子材料・機能性材料の製造、その他


posted by kanji at 18:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 【5713】住友金属鉱山(株) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月16日

日本の金鉱株“住友金属鉱山” 3

このブログのタイトルは「金銀投資作戦参謀本部」である。

金銀や金銀鉱山株の数値的なデータを、ただ単に書き残すようなものではありません。

例えば、住友金属鉱山の真の埋蔵量を経営陣が隠している、わざとこう云う言い方を使っていますが、伏せているとしておきましょう。  今後も埋蔵量の増加に関するニュースが出てくるであろうことを金未来予測としておきます(故・高橋靖夫さんの"近未来予測"にかけて"金未来予測"としています)

その根拠は?過去記事を見返してください。 一目瞭然です。

つい最近でも、

20130107菱刈埋蔵量UP記事
2012年10月10日読売新聞記事」より引用


このような記事が出ていました。

また、アラスカのポゴ鉱山でも、

20130107ポゴ鉱山鉱床拡大記事
2012年3月27日住友金属鉱山ニュースリリース

という記事が出ています。

それにしても、ポゴ鉱山の労働者、とても良い給料を貰ってるんですね…。

>ボーナスを含めると社員の平均年収は16万ドル(約1300万円)
極北の金鉱山「ゴールドボーナス」で人集め/アラスカ・ポゴ鉱山

ブログ止めて、アラスカに出稼ぎに行こうかな…。


東証一部  5713(株価チャート)
社名   住友金属鉱山株式会社
本社所在地 〒105−8716 東京都港区新橋5丁目11番3号(新橋住友ビル)
創業   1590年(天正18年)
設立   1950年(昭和25年)
資本金   932億円
従業員数  連結  8,658名 / 単独 2,164名
売上高   連結 8,479億円 / 単独 7,234億円(2011年度)
経常利益  連結 1,088億円 / 単独 768億円(2011年度)
事業内容  資源開発、非鉄金属製錬業、電子材料・機能性材料の製造、その他
posted by kanji at 13:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 【5713】住友金属鉱山(株) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月13日

日本の金鉱株“住友金属鉱山” 2

私には狂気の沙汰としか思えなかった、“金ヘッジ”(現時点でも損害を出している)であるが、上手いなな〜と思うのは、新鉱床の発表を忘れたころに行う事(わざと小出しにしているようにも感じられる)。

深謀遠慮の経営戦略なのか、早く掘りつくしちゃうともったいないので単に細く長くということなのか分かりませんが、金ヘッジを見ていると、どう考えても前者ではありません。

金急上昇を、金鉱株“住友金属鉱山”経営陣が自ら疑っていた証拠でしょう。 

やはり本質は銅会社であるのかもしれない。

ちなみに、銅は鉱脈が金と似ていることから昔から良く間違えられていた。 「愚か者の金」である。

住友金属鉱山の経営陣の方々には、きつい批評かもしれないが、なにせハンドルネームを「Kanji」としているくらい、石原莞爾を尊敬している私ですから、その毒舌もご容赦あれ。

評価しているところは、十分に評価しているつもりです。

旧ブログにも書きましたが、「正真正銘金鉱株“住友金属鉱山”」をもう一度読み返してください。

菱刈の真の金埋蔵量を住友金属鉱山は公表していないと思う。 今後も埋蔵量は拡がっていくことを断言します。

もし、金暴騰!という場面で、明らかにされたら…1981年の是川銀蔵、アゲインとなるくらいの投資家が出てくるかもしれない。

2014年よ、早く過ぎされ。 金ヘッジさえなければねえ…。

東証一部  5713(株価チャート)
社名   住友金属鉱山株式会社
本社所在地 〒105−8716 東京都港区新橋5丁目11番3号(新橋住友ビル)
創業   1590年(天正18年)
設立   1950年(昭和25年)
資本金   932億円
従業員数  連結  8,658名 / 単独 2,164名
売上高   連結 8,479億円 / 単独 7,234億円(2011年度)
経常利益  連結 1,088億円 / 単独 768億円(2011年度)
事業内容  資源開発、非鉄金属製錬業、電子材料・機能性材料の製造、その他
posted by kanji at 13:11| Comment(1) | TrackBack(0) | 【5713】住友金属鉱山(株) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。