不動産・不動産投資・不動産株投資 (3): 金銀投資作戦参謀本部T・U

2011年08月03日

不動産と金利

あいたたた…またもやタイミングが早かったか天然ガス…と言う訳で暫く塩漬け決定となりました。  タイミングさえ合えば、このETFは相当のリターンをもたらせてくれる筈です。 

昨日は恵比寿ガーデンプレイスすぐそばのビルオーナーさんと飲んでました(すっかり御馳走になってしまいましたが)。  昨今のビル市況及び今後の見通しを。  私がわざと上品でない表現を使って本音も語るのは、昔からの読者の皆さんには周知の事ですね。

面白きことなき世を面白く」…と

私のブログの読者には違和感無いでしょうが、アメリカ国債がもうすぐその価値を失う事になるでしょう。

世界中で起こる金利の急騰により、リーマンショック後の不動産バブルも急劇な収縮を迎えることになる。 私の言っている意味がわからない人は、ご退去願います。  それまでになんとか元本回復し、その時に備えなければならない。

株式で苦心惨憺した事が非常に勉強になりました。 不動産との比較が大いにできたし、純粋に不動産投資だけしかしてなかったら、気付かない事がいっぱいあったでしょう。

にわかサラリーマン不動産投資家さん達、私の知ってるある不動産投資家なんかは不動産市場の混乱を楽しみにしてますよ。 お気を付けて。

金持ちがますます金持ちになる理由、容易にわかります。

2011年07月06日

2011年7月6日 J-REITの利回り(参考資料)

暫く更新したくなかったのに、記録を残すためにしぶしぶ更新します…。

これが今日の時点での【3234】森ヒルズリート投資法人の利回り
とチャート。

20110706REIT.jpg   20110706森ヒルズREIT 
J-REITの利回り一覧   【3234】森ヒルズリート投資法人  

利回りは何%になってますか? 5.69%…おかしいですね、5%台前半どころか後半とすら言えるような利回りです。 皆さんも自分の目で検証してください。 論より証拠。 以上。

2011年07月04日

J-REITの真実 2 (よりによってこんな時に…)

ジパング、アポロゴールドに次ぐ多額の損失をルビコンで出してしまいました。 トロント市場では損失を出してばかりで、本当に落ち込みました。 悪い時には悪いことが重なるものか…こんな状況では少しきつくなるのをご了承ください。 私はそんなにできた人間ではありません。

自分の姿も出さず、物陰から隠れて野次るような礼儀知らずの卑怯者がいます。 あの真坊さんだって名前を出してたのに…不動産業界のイメージがなかなか上がらないのも実感できますな。 本来であれば、無視しててもいいのですが、どうも業界人のようなので読者のために記事を書いときます。  疲れますねホント。

良く読んでください。 私の紹介した新聞記事とそのコメント。そして物陰から意見を求めてくるような人のコメントを。 論点を拡大して核心からずらす。  南京大虐殺・従軍慰安婦問題など。  良く散見されます。


>業界はその記事に激怒しました。もちろん抗議がいってます。

業界人なのがこれでわかります。 きっと同じように姿を隠して抗議したのでしょう(笑)。  そんな抗議じゃ届きませんよ。  事実無根であれば、名誉毀損とかで裁判起こせばいいでしょう。  でも裁判沙汰になっては自分達にとって一番都合が悪い。 世間一般に事実が知られてしまうから。  

>彼や貴方のように、超一級物件をスポンサーはREITに売らないと批判する人がいますが、REITがそんな利回りの低い物件買えるわけないでしょう。 分配金をいかに高く安定して配当するかってことがREITにとって大事なんです。 ネット4%台なんてありえません。5%前半でも難しいですね。

再度言います。 森ヒルズREITは、超一級物件(六本木ヒルズ森タワー)をREITに組み込んでいます。 利回りも現在5%ちょっとです。 嘘はいけません。 利回りが低い物件?どうも利回りという言葉の意味自体を理解していないようですな。 値段を高く買えば利回りが低くなるし、安く買えば利回りが高くなる。 それはあなたやREIT自身がが決めることではなくて、市場が決めることです。 もしそんなことを思っているのであれば傲慢ですよ。  分配金を高く安定して?誰が決めたんですか?そんなこと。 市場が割高だと思えば、価格が下がって自然に利回りが上がるんですよ。  経済学の初歩というか小学生でも理解できる話です。

>世間知らずの新聞記者はともかく、不動産業界の方であればその辺りお分かりになると思のですが。   

世間を良くご存じのはずの方が、姿も見せないくせに良く言えますね…。 そんな人に私も新聞記者も言われたくないです(笑)。

この新聞記者は世間知らずどころではありません。 それどころか核心をついています。 

>不動産会社の株価指数に連動したETFを購入した方が効果が高い。 親会社との取引禁止、売買手数料の1%程度への引き下げ(親から子へ引き継いでるような実態ですからこの程度でも十分に納得いく)、レバレッジ禁止(私はこれに関してはそうは思わない。レバレッジの過度な架け方を禁止するなら同意)

正論です。  私は残念に思う。 本気で日本のREIT市場を育てようと思ったら、小さい頃から手塩にかけて育てなくてはならなかった。 日本の錚々たる大○○の冠を持つ母体不動産会社ならばそうしなければいけなかった。  損して得を取れ!の商売精神で初めからスタートしていれば、さすが天下の○○と母体不動産会社自身にとっても、業界にとってもイメージUPは計りしれなかった。  それを…つくづく残念に思います。

あとは読者の方々が判断してください。  この情報はプライスレス、お金に換算できない価値があると思います。