恐慌・バブル崩壊 (2): 金銀投資作戦参謀本部T・U

2013年07月16日

中国預金封鎖の予兆

2000年前後くらいから、日本では「預金封鎖」や「日本国破産」と題する経済本が本屋に並びだした。

変態新聞出身の元記者が、「2003年、日本国破産 対策編―YEN(円)と国債が紙クズとなる日が近づいている!?」なんて今となっては恥ずかしい本も書いていた。

当時の事を良く覚えている読者さんも多いでしょう。

今よりも、「日本国破産」の恐怖は大きかったかもしれない。

日本国破産は未だならず、それどころか一見復活したように見える。

しかし、お隣の中韓の経済がボロボロになってきた。

GSと並んで、絶対に損をしないHSBCが韓国から全面撤退するというニュースが出ている。

HSBCは言わずと知れた、ロスチャイルドの基幹銀行である。

HSBC...香港上海銀行...元々は、アヘン貿易で儲けた銀をロンダリングしてイギリスと共に儲けた血塗られた銀行である。

中国人の血と涙を吸って生まれた銀行である。

イギリスは、国家として「麻薬の代金を払え!」と清(中国)に戦争を仕掛けて、金を回収した“紳士の国”である。

2006年、アメリカのサブプライム関連商品から完全撤退すると発表して、見事に「頭と尻尾はくれてやれ」を実践した。

2013年5月、GSは中国商工銀行株のすべてを売却し中国 市場から撤退した。

そして、その中国商工銀行のATMが一斉に停止すたニュースが出た。


銀行取り付け騒ぎが始まる

松藤氏なんかは、中国が金を売却しているので、金が下がったような事を言っているが、本当か?

自分なら、紙くずになる人民元を先に使っていくと思う。

先日、副島隆彦の金最新刊について触れたが、彼によると日本でも間もなく取り付け騒ぎが始まると言う。

さて、皆さんは準備できてるだろうか?
posted by kanji at 00:55| Comment(2) | TrackBack(0) | 恐慌・バブル崩壊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月09日

金1050$を付けるとすれば。

金男の予測、金1,050$が出た意味を考えた。

銀チャートは完全に逝ってこいになってしまったが(漢字の使い方はわざと)、金チャートは未だ逝ってこいにはなっていない。

20130708gold8yearchart.gif
金が1050$を付ければ逝ってこい

現在1200$強だから、あと150$の下落で銀と同様になる。

このシナリオはかなり在り得ると思う。 なにせ、胴元の金男の予測だ。

金男という名前を持っているくせに、金を下げさせるのは一体どういうことだ?! 男を下げるだけニダと下手な洒落でも言ってないとやってられない。

20130708silver8yearchart.gif
銀は完全に逝ってこいが完成

金男の言う通りになればなったで、チャートの形はひとまず完成し、買われやすくなると思う。

今、『ファイナル・クラッシュ 世界経済は大破局に向かっている!』を読み返している。

この本の中でも、資産を守るのに金現物を保有することを強く薦めている。

リーマンショックを完全に予測したと言われた本(原著は)だが、「クラッシュの注目すべき前兆として、株価が神経質な上げ下げを繰り返す」との記述がある(p137)。

著者でなくても、大暴落する前の予兆としては良く聞く現象だが、もう時間の問題であろう。

このクラッシュに金が一時的に巻き込まれる可能性は捨てきれない。

その時には1050$も有り得ると考える。

問題は、1050$を付けたとして、いつ回復するかである。

それは全く心配してないが、問題は時間だ。

Kanjiには時間はあまり残されていない。
posted by kanji at 07:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 恐慌・バブル崩壊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月30日

恐慌第一波

松藤氏が『わが友、恐慌──これから日本と日本人の時代が訪れる8つの理由』書いてからずい分と経った。

この間、相変わらず恐慌は訪れず、今やっと襲来しそうである。

しかし、金の平均産出コストが1,400$/onzでは、まさにstruggleの真っ最中であろう。

鍵は金の低迷期間だ。 

それで彼の会社の運命が決まるのではないか?

注視している。

マカ夫さん(階級降格により変名。 詳しくは休憩室ブログをご覧ください)を始め殆どの日本人は、恐慌を恐れている。

恐慌を恐れなくても良い人は、どんな経済状態であれキャッシュフローが止まらない強者だけである。

キャッシュフローが止まれば、幾ら金を持っていたって換金して取り崩さなければならない。

Kanjiは災い転じて福と成せで、賭けに出たが敗れれば当然に無残な結果しかない。

殆どの人にとっては、恐慌は大変な災いにしかならないが、極一部の人は恐慌を利用して逆に大幅に財産を増やすだろう。

願わくば、ブログ読者だけでも災い転じて福と成して欲しい。

Kanjiもstruggleの真っ最中である。
posted by kanji at 11:25| Comment(1) | TrackBack(0) | 恐慌・バブル崩壊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...