鉱山株以外の株式投資 (2): 金銀投資作戦参謀本部T・U

2013年04月05日

NYもTYOも崖っぷち

真坊さんいや、松藤氏のブログにGSR56.93とあった。

金銀ではなく、株式の方を調べてみたら、NYもTYOも崖っぷちとしか思えないデータが続々と出てきた。

20130404NYchart-1.png

2の位置の信用買い残率がかなり高水準に達している。 

赤マルはそれぞれ、S&P指数、信用買い残、FREE CREDFIT(不明。 自己資金?)ようであるが、これを見るとここから更に株式を買いたいと思う人は少ないだろう。

ベアETFやファンドがいいんではないか?と思うが、自分自身のタイミングを取る才能はない。

だからKanjiは金銀以外は手を出さない。

どうしても早打ちの性質が抜けないし、金銀以外では不動産を除きロクな目に遭っていない。

短期売買が得意な方はどうですか?
posted by kanji at 01:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉱山株以外の株式投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月28日

Are you ready ?

読者の皆さん、特に経営者の方、準備はいいですか?

20121128上海指数チャート


作戦参謀部長の予測通り(過去記事を読んで!)、目出度く上海指数が2,000ポイントを明確に割って引けてしまった! 本当に今年後半の見通しが怖いくらいに当たりまくっている。

万歳!

ってふざけている場合ではありませんが、恐慌開始のシグナルの一つ、上海指数2,000ポイント割れはNYももはや時間の問題であることを示唆している。 

上海指数が1,800割れを待ち望みます。 まだかまだかで正直疲れました。 嫌な事や苦しい事はさっさとやってきて欲しいものです。 でないと新しい時代への展望がなかなか開けない。

終わりの始まりは、再生へ続く道です。
posted by kanji at 18:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉱山株以外の株式投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月23日

時代を象徴するもの

業績絶好調の企業があった。

向うところ敵なしである時メディアで大いに取り上げられるようになる。 その後スキャンダルで急落。

このような光景を我々は数多く見てきたはずである。 

株式が急落する時に、その理由がありえない様な理由による場合、その企業は名実と共に退場を余儀なくされる。 その企業だけが退場するのではない、その企業を象徴していた時代が退場していくのである。


先日、どこぞの真の言論人も称賛していたクリーンな政治家のスキャンダルを「紫禁城の黄昏」と題して記事にした。

20121121中国国外流出

この表を見て苦笑してしまうのが、中国が日本をGDPで抜いて世界第2位の経済大国になったと誇らしげにしていた2011年よりも10年以上も前から不正流出額の対GDP比率が高かったと云う事。

今の方が、比率的には縮小しているんだねということ。 なんとも空しさの残る苦笑であろう。

帝国が衰退する時、外部環境によって衰退する事よりもほとんどが内部から衰退していくことが多い事を人類の歴史は示している。

時代を象徴するスキャンダル。 共産党唯一のクリーンな政治家と誉れ高き政治家がこの有様である。 この類のスキャンダルは非常に危険な兆候であることを我々に暗示している。

21世紀の覇権を握ろうとした時代遅れの帝国主義国家の黄昏である。

腐った大木が倒れるときの大波がもうすぐやってくる。
posted by kanji at 17:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉱山株以外の株式投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする