金銀現物売買業者: 金銀投資作戦参謀本部戦闘記録書庫

2013年10月02日

恐慌商売

本屋に行くと、所謂・恐慌本とカテゴライズされている本が並んでいる。

松藤氏の本も、かなりの数がその中に含まれるだろう。

両者ともほんの一瞬のきらめきを遺した以外は無残なくらいの成績だ。

古くは浅井隆の本がそれに該当するだろう。

古くは「2003年日本国破産」から、「日本国破産」と銘打ったシリーズ本を出してきたが、それらの予測は本の題名で分かる通り、外れてきた。

浅井氏は、バブル崩壊後に書いた本(崩壊を当てたのではない。 崩壊後に大不況が来るという本を書いた。 結果、これだけは当たったと言えるだろう。 しかし、崩壊後については結構予測できた人も多いのではないか?)の中で、丸井の社長にこの本のおかげで1000億だったか失わないで済んで感謝していると言われたと自慢げに書いてあったような記憶がある。

的中率は、過去の著作の題名を見れば一目瞭然。


松藤民輔氏の的中率はどうか?

バブル崩壊後の大不況の到来とリーマン前後(ブログの書き出しを見てただけだから正確には分からないが、この時だけは当たったのではないか?)、そてと時々当たる金価格予測以外はこの人もまた惨憺たるものだろう。

本の題名を見ればこれまた一目瞭然。


今回は本の著者だけでなく、金に対して刺激的なことを書いているコイン商?さんのブログを記憶しておいて欲しい。

1300$割れでこう書いている⇒リンク先「一気に1300ドル台を割ってきたゴールド (NEVADAブログ) 

そしてまた、これらの記事を書いていた事も記憶していて欲しい。


Kanji金倉庫
ゴールド(産金会社のヘッジ売り) (NEVADAブログ)
1,179ドルまで下落してきた金

この書き方なら文句は出ないだろう。

キャッシュをちゃんと保管しておけば誰があの時、こう予測して結果誰が正しかったかわかる筈だ。

何事も検証が必要なのである。


posted by kanji at 02:06| Comment(3) | TrackBack(0) | 金銀現物売買業者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月28日

石福金属興業株式会社

3大地金販売業者の一つです。

地下鉄銀座線神田駅の真上に立地しています。

Kanjiもずいぶんとここで購入しましたが、買いと売りのスプレッドが一番悪く、残念ながら途中で購入するのを控えるようになりました。


石福金属興業株式会社


金貨はラミネート加工されて、傷つきにくく販売しているのは評価できます。

会社概要

社名 石福金属興業株式会社(HP)
ISHIFUKU Metal Industry Co., Ltd.
創業 1930年2月11日
本社所在地 〒101‐8654
東京都千代田区内神田3-20-7
TEL 03-3252-3131 (代表)
地図はこちら
代表者 代表取締役社長 古宮 誠一
資本金 1億円
売上高 749億円(‘12年12月期)
従業員 304名(‘13年4月1日現在)
posted by kanji at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 金銀現物売買業者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月27日

日本でも店頭から現物が消えつつあります。

徳力でも石福でもコインの問い合わせですが、店頭在庫が切れかかってるような話がチラホラ聞こえてきました。

徳力では、ハーモニーやメイプルリーフの金貨を買おうとすると、自社ブランドのミニバーの購入を薦めてきます。

いよいよ日本でも、「重き荷を背負うが如く」から解放されるのか?

急ぐべからずではなく、急いで解放されてくれ!

頼む!
posted by kanji at 22:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 金銀現物売買業者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。