為替・通貨: 金銀投資作戦参謀本部戦闘記録書庫

2013年06月24日

人民元の通貨供給量

日米中とも自国通貨を刷りまくっている。

日本でもそろそろ物価が目に見えて上がってきている筈だ。

Kanjiがいつも行くスーパーでもパン類がが少し上がってきた。

中国では実感としてもかなり物価が上がっている。

日本とは比較にならないほどに。

中国、マネーサプライ急増が意味するものとは?:世界総量の1/4・米国の1.5倍・GDP同等規模日本の1.7倍

 中国におけるマネーサプライの急増に関する記事の結論は、「投資効率が明らかに低下している事実が窺える。資金で経済成長を推進する発展モデルはますます行きづまりつつあり、資金に頼る経済けん引を望むのはやめたほうが良い」というものだ。

 「資金で経済成長を推進する発展モデル」というのは、輸出や個人消費の増加そして設備投資を牽引とするのではなく、政府部門の公共投資や民間部門の住宅投資に依存した経済成長を意味していると理解するが、08年以降の世界経済状況においては、それらなくして9%を超えるような高成長は実現できなかっただろうし、現在の7.5〜8.5%の成長も維持できないだろう。

 中国のマネーサプライ急増は、貿易収支と投資収支の大幅な黒字に伴う人民元への転換、そして、公債発行や銀行からの借り入れを伴う中央及び地方政府の公共事業の増加を主因とする。

 中国経済は、00年代前半は“デフレの危機”にあり、00年後半は“インフレの危機”にあった。(現在は、どちかと言えば、インフレの抑制に傾いている)

 “デフレの危機”は生産性の急上昇と総需要増加の低迷という関係性から生じ、“インフレの危機”は、官民の過剰な投資が可処分所得の伸びを無効にしかねないほどの物価上昇を招き、とりわけ住宅取得に関する低中所得者の怨嗟の声を湧き上がらせたというものである。

 中国政府は昨年から賃金の大幅上昇を求める政策を採っているが、それは、“デフレの危機”や“インフレの危機”を避けながら経済成長を継続する唯一の道と判断してのことだろう。今後の経済成長を安い労働力に依存しないという選択は賢明である。

 記事中に、「多すぎるマネーサプライは高インフレ、資産価格バブル、資金の流出といった相応のリスクをもたらす」と指摘とか、「中長期的に見て深刻な問題は、急激に増加するマネーサプライにより、中国経済のマネタイゼーションという傾向が暴露されること」とあるから、過大なマネーサプライの危険性と“恥ずかしさ”が理解されていることはわかる。

 ただし、「高インフレ、資産価格バブル」は、経済成長との見合いだが、経済成長を打ち消すような悪性のものであれば、日本のようなデフレ状況とは違い、強権的な金融政策で抑制することができるから、それほど心配することはない。

※ 資金の流出がキャピタルフライトの意であれば、外貨転換後の人民元を中央銀行が吸い上げればインフレ抑制に利用することもできる。



posted by kanji at 02:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 為替・通貨 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月30日

バズーカーからマグロが発射!

黒田マグロだって・・・

FRBもEUも随分前に泳ぎだしてたような気がするが、黒田マグロはスーパチャージャーに点火して加速したのだろう。

サイボーグ009のように加速装置を用いたのだ。

問題はこの加速装置、009と違って一度火が付くと止められないんではないか?

マグロか・・・冷凍マグロではないようですね。

Kanjiにも紙幣の海で泳ぎ回るマグロが、ちゃんと育つとは思えない。

ホルモン入りの化け物に育つだろう。

ちゃんと出荷できるの?

マグロ一切れ1万円とか。


もう止められない・・通貨が崩壊するまで “黒田マグロ” は泳ぎをやめられない!

米国の連邦準備制度理事会の内部では、金緩和政策の継続について意見が分かれ始めてきた様です。

(ロイター より)
・資産買い入れ縮小すべき、緩和出口は難しい舵取りに=米地区連銀総裁

[ジャクソンホール(米ワイオミング州) 10日 ロイター] 米カンザスシティー地区連銀のジョージ総裁は10日、連邦準備理事会(FRB)は資産買い入れを縮小し、バランスシートの拡大リスクを軽減すべきとの見解を示した。講演で述べた。
FRBが資産買い入れを拡大、もしくは縮小する用意があるとした1日発表の米連邦公開市場委員会(FOMC)声明を受け、市場では債券買い入れペースの加速が最大の焦点になっていると指摘したうえで、「声明は縮小についても言明している」と強調した。
******************************

一方、総裁が変わった途端に、全ての理事が(手のひらを返す様に)新しい政策へ賛同の意を示した我が国の中央銀行の姿勢を「白から黒に変わったオセロ」と例える向きもあるようです。

しかしですね、新たな金融政策に対して市場が明確な拒否反応を示した場合、世の中全てが真っ黒になってしまうかもしれないのですよ。

◆日本国内の荒れた市場の動き
黒田は望んでいたものを手に入れた - 良いものも厳しいものも

木曜日の午後、良好な国債入札の後で日本円は突然落ち込んだ。 その動きはアジアの取り引きで一晩中続き、多くの関連する市場にも大きな動きを引き起こしたのだ。

アジアの夜間の日本国債取り引きが始まった時、同通貨におけるこの動きが今回は債券市場によって受け流されないだろうという事が直ぐに明らかとなった。 ボラティリティが急上昇した為、日本国債の取り引きは僅かな時間停止さえしたのである。
★ロイターが報道する様に、「日本国債の利回りは2008年5月以来となる最大の上昇を示した」のだ。

円の弱さが日本の株式を上昇させた事により、ベンチマーク利回りの1日の上昇としては5年間で最大を記録しつつ、金曜日に日本国債は急落した。
早い時間に2月25日以来で初めて0.700パーセントへ上昇した後、10年物日本国債の利回りは10ベーシス・ポイント上昇して0.690パーセントとなったのである。
「これは本当に通常で無い何かであると私達は考え始めており、現時点において私達がすごく守勢に回る必要が現実味を帯びていると私は考えています。」と彼は付け加えた。市場参加者達は、日本の銀行や投機的な人々が大量の売り手であり、先月末から保持された0.55から0.65パーセントという最近の取り引きレンジを超える水準へベンチマーク利回りを引き上げたようだと語った。(ロイター抜粋)

★この重要な側面は、「最近の取り引きレンジ」が破られたという事である。 これは、更に大幅な利回り上昇の道さえ開かれたという事を意味するのだ。 日銀の狂気じみた行動主義にも拘わらず日本国債市場の奇妙な落ち着きが最終的に終わりつつあるのかもしれない。

言うまでも無く、日本国債市場におけるこれらの進展は寧(むし)ろ不吉なものである。 下落が持続的なものとなり、もっと大きな規模での下落傾向に繋がるのかという事を云うには実際に早過ぎるが、起きつつある変化は現在大きくなったのだ。

■先頭を駆ける怪物達

黒田サンの通貨切り下げ政策で引き続き幸せな市場は、日本の株式市場である。 日経は5年ぶりの高値で引け、驚く様な上昇を一晩中続けた。 数ヶ月の間に先進経済国の株式市場が50%以上も上昇するのを目にするのは驚くべき事である。 これは本当に滅多に起きる事では無い - 実際、黒田のインフレ的な政策が「成功」するのと同様に失敗する可能性があると、我々は引き続き信じている。 成功 - そして、この点に関し我々は間違い無くエドワード・ヒューに同意するものであり、我々は火曜日の日本に関連する前回の記事の中で彼の最新の日本の記事を参照したのであるが、継続的に切り下げを求める、

★つまり、黒田は本質的に円を崩壊させる事が必要になるだろうという事である。
この通貨切り下げ政策に関し、ある時点で株式市場がもはや幸せでは無くなるだろうという事を我々は提示させてもらう。

★ もしも、そして日銀がもはや事態を制御下においていないと市場が結論付けた時、その時期がやって来る。 制御不能のシグナルを発する可能性が最も高い市場は、日本国債市場である。

オッターウッド・キャピタルのクリスティーン・ヒューズ夫人が日銀の新しい政策に関するプレゼンテーションで示した様に、日本国債の最大の法人保有者は機関投資家達(年金基金、ゆうちょ銀行、保険会社...)の中で最も動きの遅い者達である。 彼等の投資委員会は、次に実行すべき動きを未だ決定していない可能性が非常に高い。 そして、同市場において我々が現在目にしているのは、これらの大魚の前面を駆けようと試みているヘッジ・ファンド、CTA、その他の様なもっと逃げ足の速い投資家達の群れなのだ。

■結論:

日本国債における最近の増大しつつあるボラティリティにも拘わらず、これまでのところ市場参加者達は、印刷機を用いて黒田氏が魔法の如く日本の繁栄を復元する事に成功し、依然として彼が開始したプロセスを制御しているという彼等の信仰へ未だにしがみついている様に見える。

しかし、日本の株式市場の執拗な上昇で証明された様に、現在の「繁栄」のフェーズは、フランスの革命軍が自らの任務を最初に発布した時に僅かな期間だけ作り上げた偽りの繁栄と全く違わないのだ。 インフレは常に、短期的な経済の「カンフル剤」を提供するように思えるのだ。

問題は、その政策が停止すると直ちに、事態が以前よりも更に悪い状態へ戻ってしまうという事である。 そして、これはインフレ政策を決して止められないものの - 基盤となっている通貨システム全体の崩壊に繋がるのを避けられないという事を意味するのだ。 黒田氏、又は他の何れの中央銀行家も経済の法則を一時中断する事はできないのである。 日本が着手した政策は、我々が過去数十年間目にしてきた危機を公園内の散歩のように見せてしまう突発的な大災害へ最終的につながる脅威を生んでいるのだ。

ソース:http://precursor.blog55.fc2.com/blog-entry-609.html

posted by kanji at 01:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 為替・通貨 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月25日

日本のマネーサプライは世界ダントツ

過去のデータより

2010年のデータであるが、日本78兆円、アメリカ89兆円の現金通貨。

勿論日米共々お札をこれよりもっと刷りまくっている。

日本は黒田バズーカで250兆円になるのか・・・。

これで金が暴落する?

Kanjiにはさっぱり理解できません。


日本のマネーサプライは世界ダントツで欧米の比ではない、日本が飛び抜けて多いが理由は何か

「マネーストック÷名目GDP」日米比較(2010年末)
※GDPで割らなくても絶対額でも日本のが多いのですよ

▼日本
▽現金通貨78兆円÷GDP481兆円=16.2%
▽通貨(預金通貨を含む)513兆円÷GDP481兆円=106.6%
▽通貨・準通貨合計1,092兆円÷GDP481兆円=227.0%

▼米国
▽現金通貨8910億ドル(89兆円)÷GDP14,4470億ドル(144兆円)=6.16%
▽通貨(預金通貨を含む)1,7273億ドル(172兆円)÷GDP14,4470億ドル(144兆円)=11.95%
▽通貨・準通貨合計12,0935億ドル(120兆円)÷GDP14,4470億ドル(144兆円)=83.70%
総務省統計局、世界の統計
ソース:http://www.stat.go.jp/data/sekai/index.htm

▼日銀は買いオペするようだが、風評で多少の効果があるが効果は期待できない、むしろリバウンドを危惧します。 そもそも銀行には貸したいお金がだぶついているのに、預金金利ゼロから明らか、したがってこれ以上日銀が買いオペしても余ったお金は日銀に返却されるだけ、日銀はこれを知っていても、うるさい分からず屋がいるので、風評だけで当面効果があるからと渋々実施したと思いますよ。

※日本のマネーサプライが世界ダントツ、なんでこんなに多いのか、それで円高不況、なんでだ

posted by kanji at 02:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 為替・通貨 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。