エリック・スプロット: 金銀投資作戦参謀本部戦闘記録書庫

2013年08月21日

Continuation of the Gold Bull Market

ブル&ベアの二人のビリオネアの金価格予測を紹介した。

Kanjiは数々の欧米ゴールド・バグの発言を追っている中で出した結論は、エリック・スプロットに軍配を上げる。

さて、今後見物である。

読者が証人だ。
.................................................................................................

続く金の上げ相場

The continuation of the gold bull market will lead the junior gold mining stocks higher by many hundreds of per cents, just like it did during the 2008 recovery.

継続する金の上げ相場は、何百パーセントと上昇したジュニア金鉱株をリードするでしょう。 まさに2008年の間続いたように。
 
By the way, since hitting the bottom on June 28, gold has rebounded by 12 per cent while gold miners have gone up by about 25 per cent.

ところで、6月28日に底を打って以来、金が12%回復する間、一方で金鉱株は約25%上昇しました。

- Source, The Globe Investor

-ソース:グローブ・インベスター


posted by kanji at 20:57| Comment(0) | TrackBack(0) | エリック・スプロット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月17日

Gold Should Double

ビリオネアで世界が認めるエリック・スプロットも相当な早打ちであることは間違いない。 Kanjiもエリック・スプロットも早打ちであることに安堵する。

両者の違いは絶望的ではあるが…

今回は短くて実に簡単な英語である。

訳すまでもないと思ったが、陰気な顔をしたコガネムシの読者さんが陽気な顔になるように、取り上げる。
.................................................................................................

金は2倍になるに違いない。

I firmly believe that we reached the bottom on June 28th and that gold should double from that bottom within the next 12 months.

私は、私たちが6月28日に底に達し、次の12か月以内にその底から2倍になるに違いない、と堅く信じます。

So by next summer, I think that the price of gold will have made new highs and stand around $2,400 per ounce.

だから来年の夏迄に、金価格は新値を付け1オンス2,400$近辺で勃っているだろう(漢字はわざと)。

- Source, The Globe and Mail

ソース:グローブアンドメール
.................................................................................................

昨日の日本の商品先物のアナリストと豪い違いである。 

最初の一文字を入れ替えた方が良いのではないか?自己満足という意味に。

しかし、言いも往ったりエリック・ハルゼー。

早打ちのエリック・スプロットがここまで言いきっている!

あなたは来年の夏迄にちゃんと、勃っているだろうか?
posted by kanji at 02:19| Comment(2) | TrackBack(0) | エリック・スプロット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月06日

There is a Shortage of Physical Gold

しかし、暑い、いや熱いですね〜全く。

Kanjiは夏バテ真っ最中でございます。

..................................................................................................................................................................................................

現物金の不足が存在する

"It’s not going to work. Backwardation is telling you that people are unwilling to sell their gold at a price today where they can buy it in the futures market at a lower price, and get the use of the money for three months, and they are not prepared to do it. That’s what backwardation tells you -- that there is a shortage of physical gold today and that people aren’t willing to speculate that they are going to get delivery in the future. So all of the signs point to extreme tightness in the market.

不足があるのは上手くいかんのです。 受渡延期金は、人々が今日の安値で売りたくないと云う事、人々がより低い価格で先物市場の中でそれを買うことができ、3か月の間お金を使用することができることを語っている。 だから全てのサインは、需給関係が非常に緊迫していることを示している。

You mentioned silver (earlier), which I think will outperform gold. Even when I look at this month’s sales of coins by the U.S. Mint, they have sold 100 times more silver coins than gold coins. Yet we only produce 11 times more silver than gold, and most silver is not available for investment, yet we see this huge investment demand for silver.

前に銀について言及しました。 私は銀が金をアウトパウォームすると考えます(GSRを考えると世界が恐慌に陥った後に銀に乗り換えるのが、賢明であると思う)。 私が今月の米国ミントによるコインの販売を見る場合さえ、それらは100倍売りました、金貨より多くの銀貨をね。 しかし、私たちは、銀を金よりも単に11倍も生産します。 そして投資用に回せる余分な銀はほとんどありません。 しかしね、私達は銀に対するこの巨大な投資需要が見えます。

So I continue to believe that silver is going to be the investment of this decade. I see wonderful statistics out of India on silver. You can just imagine that if they can’t buy gold bars and coins, maybe they will start buying silver. Well, that would just be a monstrous amount of silver that the Indians would need and there is no way that the world can supply it."

だから、私はこの先10年の投資先が銀に成る事を信じ続けている。 私には印度の銀の素晴らしい統計を見えます。 もし印度人が金を買えないのであれば、彼らは恐らく銀を買い始めることになることがまさに想像できるでしょう。 さて、そのことは巨大な量の銀を意味することになるんです。 印度人が必要とするね。 でもそんな大量の銀を供給できる世界なんてどこにもないんだよ。

- Source, Eric Sprott via King World News,

-エリック・スプロット キングワールド・ニュースより

..................................................................................................................................................................................................

日常、英語をビジネスレベルで使っている読者さんは、Kanjiの英訳に対して不満や間違いの指摘があるかもしれない。 しかし80%は大丈夫だということも理解してもらえるだろう。

一方で、Kanjiの日本語訳に対して感心してもらえる部分も時にはあると思う。 

普通の人とは比較にならないくらい、これまで読書してきたし、急所を直撃する感性を磨いてきた。

自分自身で誇りに思えるくらい。

こんな不動産業界人は二人といないと言い切れる。 この言葉が不遜であれば、「そんなに何人もいて堪るか!」という位の自負はある。

誰かさんに言わせれば、「こんなに顧客の守秘義務を守らない不動産営業マンが何人もいて堪るか!」かもしれないが。
posted by kanji at 17:15| Comment(2) | TrackBack(0) | エリック・スプロット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。