著者の独り言 (4): 金銀投資作戦参謀本部戦闘記録書庫

2013年05月11日

年収100万円で買える服

日本一の資産家、カリスマ経営者と絆されて周辺が見えなくなってしまったのだろうか?

ユニクロの柳井社長が、年収100万円になっても仕方がないという発言が波紋を広げている。

忘れてはいけないのが、その年収100円になる日本人に服を大量に販売して、日本一の資産家に、カリスマ経営者になったのに。

そしてファッションというイメージが大切な商品を扱うのに、このような発言をしてイメージダウンになると思わないのであろうか?

............................................................................................


「年収100万円も仕方ない」ユニクロ柳井会長に聞く

世界同一賃金」は、社員のやる気を生むものなのか、はたまた「現場の疲弊」をさらに強めるものにならないのか。導入の狙いや、社員を酷使する「ブラック企業」との批判に対する見解を、ファーストリテイリングの柳井正会長兼社長に聞いた。ユニクロ、「世界同一賃金」導入へ世界規模のふるい、成長か死か
−−「世界同一賃金」を導入する狙いは何ですか。
「社員は、どこの国で働こうが同じ収益を上げていれば同じ賃金でというのが基本的な考え方だ。海外に出店するようになって以来、ずっと考えていた。新興国や途上国にも優秀な社員がいるのに、同じ会社にいても、国が違うから賃金が低いというのは、グローバルに事業を展開しようとする企業ではあり得ない」

−−中国などに比べて賃金が高い日本は下方圧力がかかって、逆に低い国は賃金が上がるわけですか。
「日本の店長やパートより欧米の店長のほうがよほど高い。日本で賃下げをするのは考えていない。一方で途上国の賃金をいきなり欧米並みにはできない。それをどう平準化し、実質的に同じにするか、具体的な仕組みを検討している」

−−いまの離職率が高いのはどう考えていますか。
「それはグローバル化の問題だ。10年前から社員にもいってきた。将来は、年収1億円か100万円に分かれて中間層が減っていく。仕事を通じて付加価値がつけられないと、低賃金で働く途上国の人の賃金にフラット化するので、年収100万円のほうになっていくのは仕方がない」

−−付加価値をつけられなかった人が退職する、場合によってはうつになったりすると。
そういうことだと思う。日本人にとっては厳しいかもしれないけれど。でも海外の人は全部、頑張っているわけだ」「僕が心配しているのは、途上国から海外に出稼ぎにでている人がいる、それも下働きの仕事で。グローバル競争のもとで、他国の人ができない付加価値を作り出せなかったら、日本人もそうやって働くしかなくなる。グローバル経済というのは『Grow or Die(グロウ・オア・ダイ)』(成長か、さもなければ死か)。非常にエキサイティングな時代だ。変わらなければ死ぬ、と社員にもいっている」
ソース:朝日新聞



............................................................................................



柳井天皇となったユニクロ社内で彼に反対する意見は出てこない。

逆らえば首だ。

年収100万円になる日本人にこれからも大量に服を売りつけて儲かるのだろうか?

年収100万円になる日本人だってプライドがあるだろう。

そこまで言われて果たしてユニクロの服を着たいと思うだろうか?

TV広告の莫大な宣伝費を一瞬にして無駄にさせる発言だっただろう。


彼が言う通り残念だが、日本もその方向に確実に進んでいる。

それは抗えないことなのだ。 

そうならざるを得ないのだ。

されど、「それを言っちゃあ終しめえよ」

これ程知名度のある人が余りにも無防備だと思う。

しかし...つくづく思うのだが、歴史上で名君と詠われた英雄でさえその名声を死ぬまで保てたのは少ない。

楊貴妃に溺れた玄宗皇帝、長男の戦死で暴君になった長宗我部元親etc...共通する最後はお家の滅亡...


壮大な王宮を築こうとしている時に、それを支える基礎が人材が揺らぐだろう。

高層建築物になればなるほど、基礎がしっかりしていないと建物は倒壊する。

その土台が100万円で支えられるのか?

日本人の強みは圧倒的に優秀な現場力だろう。

歴史が証明している。

アメリカ人の将軍、ドイツ人の将校、日本人の兵卒。

世界最強の軍隊の編成である(と言われる)

100万円で支えられる現場力か...士気が落ちなけらば良いのだが...。

柳井氏には祇園精舎の鐘の声がまだ聞こえてこないのだろう。

Kanjiには鐘の声が聞こえ始めたような気がする。


posted by kanji at 01:03| Comment(2) | TrackBack(0) | 著者の独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月29日

低い給料で優秀な人材

少し前の話だが、休憩室ブログで一時レギュラー出演していたMさんと飲んでいた時の事を書く。

Mさんは、定年延長65歳と簡単に解雇できない日本の雇用制度を嘆いていた。

若い人を採用できないという嘆きである。

断っておくが別にM氏は赤字で経営が苦しいということではない。 むしろ逆である。

Kanjiは言った。

「海外へ行くと、一般日本人の能力の高さを身に沁みて感じますよ。 ある程度の優秀な能力を約束された日本人を年収300〜400万円程度で雇えるんだから、まる意味恵まれているかもしれませんよ」

「その約束された労働力を最小限に抱えて、後の単純作業は低廉な海外でというのがやはり良いのではないか? Mさんの会社は知的労働力が求められる分野ですから、あまり関係ないかもしれませんが」

…納得してくれたようにその時は感じた。

実の処はわかりませんが。

円安になったおかげで、また海外の新興国の給与が上昇したせいで海外生産は必ずしも有利な解答ではないと言い始められたかもしれない。

中国上海で、ある程度の能力を持つ一般会社員は日本円で月10万円程度になりつつある。

文化、法律が全く異なる国でリスクを抱えながら現地人を雇う必要性は徐々になくなりつつある。

ましてや反日国家では尚更である。

それでも焼畑農業の様に、次々と生産拠点を中国から他の国々へ移していく。

益々、日本の会社員の給与の上限はガラスの天井のように抑えられてしまうだろう。

アベノミクスの4本目の矢は庶民には失血を、会社経営者にとっては輸血してくれる矢かもしれない。

突き刺さる人にとって性質が異なる矢に変化する。
posted by kanji at 15:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 著者の独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月24日

変態な世界  

―世界は変態である―

Goldの大暴落で、Kanjiよ狂ったか?と読者に思われたかもしれないが、ナニをどう考えてもこれだけの暴落を事前に予想できる環境ではない。

Commexの金在庫はヘルダイバーのような急激な軌道を描いている。

20130418commex gold stocks
BULL MARKETより引用


世界の中央銀行はお金を刷りまくっている。

下の各国中央銀行の対GDP比バランスシートも見て欲しい。

各国対GDP比負債グラフ


ナニ故Goldがこれ程の大暴落をせねばいかんのか?

エリック・ハルゼーも小沢艦隊に吊り上げられた時のように、帽子を床に叩きつけて怒っているだろう。

ナニ故ヘルダイバーからこのタイミングで500Kg爆弾を投下されるのか?と。

飛行甲板に爆弾野ざらし状態で投下されたようなもんだ。

コガネムシで金の大暴落を予測できていた著名投資家は私が知る限りはいない。

インサイダー・ソロスは別である。

今回の大暴落で若しかしたらレバレッジを掛けていた読者の中には、破産した人が居たかもしれない。

世界は狂っている―もう変態であると言いたいくらいだ。

先日狂ったシコリアンが9cm砲の抜き身で無慈悲な砲撃を与えるニュースが流れた。

9cm砲の砲撃ではたいした被害にはならないだろうが、女子生徒には精神的に無慈悲な打撃を与えたかもしれない。

詳しくは休憩室ブログを見て欲しい。 女性にはお薦めしない。

ちょうど世界の日本好きが集まるサイトで話題になっている邦画がある。

変態仮面か・・・懐かしい・・・


変態仮面予告編


金は価値を失ったのか?

いやそんなことはない。

もっと私にゴールドを! 

もっと光を!

もっと輝くモノを!

FRBが日銀がCommexがゴールドを要らないと言うなら.....

「世界の為なんだ、君のゴールドを俺にくれ!」

「それは私のおいなりさんだ」
posted by kanji at 18:52| Comment(2) | TrackBack(0) | 著者の独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。