住友金属鉱山株への投資タイミング: 金銀投資作戦参謀本部T・U

2011年11月30日

住友金属鉱山株への投資タイミング

2011年08月13日付記事 で過去の私の予測が当たったことを証明しました。

読者の皆さんの中にも考えている人もいるでしょう? 住友金属鉱山への投資です。

純銀ETFと違って担保へのリスクは少ないし、何時の間に3・11の日本市場暴落時の安値を下回ってしまっている。

20111129住友金属鉱山2年チャート
住友金属鉱山2年チャート

景気に左右される銅銘柄という一般的な認識と、お馬鹿なミニ・マックスの設定で再度暴落に巻き込まれたら、500円台もあり得るかもしれない。

純銀ETFが暴騰していく時に、一時的に暴落してくれたら願ったりです。 住友財閥の総本家だし、世界一の菱刈も持っているし、純銀ETFと違って管理料も発生しないどころか株式なので配当もある。

最長2014年までですから、現経営陣は2014年12月が早く過ぎてくれ!と祈っているかもしれません。 されど私は2013年中に金も銀も一度ピークを打つと考えています。  1700$どころか4000$くらいまで行った後で。 もしそうなったら株主から突き上げられるでしょうね…。

その後です。 私は不動産へ戻っていきますが、もし投資余裕があればの話です。

「三菱重工」と「住友金属鉱山」

日本株では目が離せません。

あれ?三菱重工なんで?金銀に関係あるの?という読者さんもいるかもしれませんが、それは秘密です(別に秘密でもなんでもないんですが、見つけてください)。


再度、重要な所を抜粋しておきます。

金価格が歴史的な高値圏にある現在、当社としては長期的に当社生産金の販売価格をヘッジ取引により確保する好機であると判断し、この度以下の通り両鉱山生産予定金の長期的なヘッジを実施しました。

1)菱刈鉱山:2009年9月から2012年6月までの菱刈鉱山生産予定金量の内、四半期当たり900kg(年間3.6トン、年間生産量の48%)について、下限価格$700/トロイオンス、上限価格$1,700/トロイオンスのミニ・マックス(注1)によるヘッジを実行致しました。

2)Pogo鉱山:2009年9月から2014年12月までのPogo鉱山生産予定金量の当社権益分85%の1/2について、同様のヘッジを実行致しました。但しPogo分についてはヘッジ契約が2つに分かれており、ヘッジ量全体の約28%については下限価格$750/トロイオンス、上限価格$1,850/トロイオンスのミニ・マックスであり、残り約72%については下限価格$750/トロイオンス、上限価格$1,700/トロイオンスのミニ・マックスとなっております。

posted by kanji at 08:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 【5713】住友金属鉱山(株) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...