富士そば社長のコメントにびっくり!: 金銀投資作戦参謀本部戦闘記録書庫

2011年10月19日

富士そば社長のコメントにびっくり!

なんだか全体的に停滞しているような雰囲気の今日この頃です。

原油・天然ガスもダメ、銅もダメ、金銀もさえない…とくれば空売りやベア・ファンドに手を出したくなるのですが、どうも私は短期でタイミングを取るのが上手ではない…なので待ちます。 第2次リーマンショックいやそれを上回る衝撃があるかもしれません。 それを含んでの方針です。 もし万一、再度天災や中東方面で戦争なんかが勃発するような事があれば原油・天然ガス系は瞬時に暴騰すると思いますが。 同時に円暴落でしょう…。 例えば中国の南沙諸島侵略でベトナムと小競り合いとか。 大体、歴史的に大恐慌が起これば戦争になるのは人類の伝統文化(あえてこんな嫌な言い方をします)。 紙切れで持つ方がよほど怖い…(紙切れETFの突っ込みはなしでお願いします。)

今日は不動産業界に携わる人でないと見過ごしてしまう、気がつかないことを読者だけに紹介しておきます。
以前に「日経ビジネス」だったか「東洋経済」だったか「ダイヤモンド」だったか忘れましたが、隔週の経済紙に富士そば社長「丹道夫(まさと)」さんの不動産に関するコメントが載っていたので紹介します。 彼の出店に際する不動産取引のコメントが傑作でした。 「都心の一等地に出店するには、仲介手数料1ヶ月(法定上限手数料)なんてそんな手数料では物件は借りられない。 10ヶ月分の手数料相当を払わなければいけないんですよ」なんてコメントが全国紙の経済雑誌に載ってたもんですから、正直苦笑しました…。 「この社長さん、良い意味でも悪い意味でも正直者なんだな…」と、これって経済紙で堂々と宅建業法違反(正確に言うと業者の方ですけどね…)を宣言しているもんですから、取り締まる機関の上の方々はどう感じたでしょうか? 藪蛇にならないよう黙っていたようですが…。 立地が最重視される店舗物件ではこんな事もあり得るでしょう。 私に言わせると不自然でもなんでもないですが、相当肝を冷やした方もいるはずです。  どんな方々でしょうかね?(ここまででご勘弁)

前回、「やすらぎ」の創業社長が書いた本をご紹介しました。 30年の借り上げ保障のカラクリなんかも書かれています。 それだけでなく、実際の会社名を列記しているんですから…相当な反発があることでしょう。 大したものです。 この業界では名前の知れている社長さんですからね。 

世界の不動産と比較してこれでも日本の不動産はまだましだと思いますが、第2派第3派が襲ってきます。 不動産は相対取引。 これは長所にも短所にもなることですからね。 ユメユメお忘れなきよう。 

※結構、重要な事を書いてますよ。 どれだけの人が気付くでしょうか? 


この記事へのコメント
ご紹介の本読みました。阪大の近くの学生中古アパート築17年
満室中、利回り13%を検討(いいな〜と思ってただけ)してましたが、目が覚めました。
Posted by らおう at 2011年10月20日 01:01
不動産については素人なのであまりよくは知らないですがアーバンエステートが破綻した時をみるに住宅完成保障だとかそういう契約はたしか法律上たしか保障しろということは法律で明記されていないのでまあ会社のサービスの一つであり破産した場合は法律的に対処される事柄
でないようなので保証が受けれない人がいたようです。
不動産も法律とは別のダブルスタンダードがあるようなので素人は手はだせないですね。そのうえ僕は素人なので情報収集してどんな不動産がどんな産業かのみ興味はあります。
経済は今ヨーロッパの財政不安の現実を直視せざるえないが
できれば見たくない状態なので
それが反映された方向性なき停滞しているようですね。年末に
経済危機があるかもしれませんね。
年末まで基本的には待つぐらいかもしれません。
銀が安かったら買おうかな?
Posted by 暇人 at 2011年10月20日 12:23
今回、私が書いた記事でも初耳の方は多いでしょう。 普通に読んでいたのでは気付かないことも注意喚起しています。 正直、私のブログの愛読者さん達は得してると思いますよ(笑)。
Posted by Kanji at 2011年10月21日 00:12
ご紹介の本。購入して読みました。実を言うと社長が立てました。そのときのやり取りを聞いて、大体わかりましたが、管理会社が別会社とは思いませんでした。また一括借り上げと、家賃保証は別だという事にはきずきませんでした。
 大都市も空き家が多いですね。
当地も多いです。
Posted by kenji at 2011年10月29日 15:37
この内容は、不動産で飯を喰っている人ならば全然違和感がないです。 逆に気をつけないと見逃してしまうくらいですから。  Kenjiさんは何県在住なんでしょうか?
Posted by Kanji at 2011年10月29日 19:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。