振幅が激しくなってきました: 金銀投資作戦参謀本部T・U

2011年09月08日

振幅が激しくなってきました

常日頃、私は今の米ドルを「子供銀行券」のように考えています。  ですから米ドルペッグの香港ドルなんかは危なっかしくて持っていられません。 誰に言っているのかわかりますね?(笑)

皆さん、なんとなく金の動きを見ているかもしれませんが、2〜3日の間に100$以上上下動したなんて今までありましたか?

20110908goldchart.gif
短期間での100$以上の振幅


その米ドル、ボンドキングと言われているビル・グロスが敗北宣言を出したのはここに集う方々ならば当然知っていることでしょう。  NHKの「マネー資本主義」でも年収50億円のボンド・キングと紹介された彼でさえ、見誤った。 彼にはインサイダー情報は入ってなかったのでしょうか? やはりポールソン(リーマンを潰した方のポールソン)のようにインサイダーでもないと確実には勝てないのでしょう。  彼はインサイダーのメンバーではなかったのか?そちらの方が意外でした。

恐らくEuro諸国のどこかの国の債権がデフォルトするまで米ドルの恐ろしいくらいまでの低金利が続くかもしれませんが、今すぐ米国債の金利の急騰が起きても意外だとは全くは思いません。

タイミングを取るのがヘタクソなKanjiです。 「頭と尻尾はくれてやれ!」というスタンスでないと利益が出ないんです。  ですから、米国債BearETF、Horizons BetaPro U.S. 30-Year Bond Bear (HTD.TO)を買いたいのですが、買えません。 利益が少なくてもSilver Wheaton Corporation (SLW.TO)のような銘柄を買ってじっと持っている方がリスクは少ない。 私にはもう失敗する時間がありませんので、そうせざるを得ません。
posted by kanji at 20:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 金銀現物・ETF・先物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック