日本各地の駅前不動産ビルオーナー: 金銀投資作戦参謀本部T・U

2011年06月26日

日本各地の駅前不動産ビルオーナー

1393年:明より国号変更の要請を受けたが、逆に和寧朝鮮の国号を提示し、どちらの国号かふさわしいかを明の皇帝太祖(朱元璋)に問う。結果、権知朝鮮国事に冊封されることによって国号が朝鮮と決まる。
Wikiより

先日、在日朝鮮人と話す機会がありましたので、ちょっと書いときます。  日本各地の駅前に建っているビルの幾つかは朝鮮人(韓国人含)の所有物になっているのは、不動産業者なら周知の事。  なぜ駅前にあんなにパチンコビルが多いのか?  以前にその理由も書きましたね。  その殆どが、日本人から土地を強奪した犯罪者達の末裔のものであることを覚えておきましょう。 

でもだからと言って、職業柄そんなことを正面切って言う馬鹿ではありません。  少し話せばわかりますが、未だに自分達が被害者面しているのには正直、頭きますね。 

朝鮮民族の「朝鮮」というのも明の皇帝に選んでもらった名前(これじゃ、民族のアイデンティティーが崩壊しているのもわかります)。  国際社会に、日本海じゃなく東海にしろ!と訴えていますが、西にある黄海を西海にしろ!とは旧宗主国には言ってません。  あくまで日本に対してだけ突っかかってくる。  全くもう、うっとおしくてたまりません。  あの精神分裂症民族を中国でもロシアでもいいから早く支配してください。  朝鮮民族は日本人以外に支配されることには目くじらは立てませんからね。

最近、易しい経済解説で名前が売れてきた三橋貴明さんが、韓国について「韓国と言えば、キムチと焼き肉と鴬谷の売春婦というイメージ」と自身のブログで書いていたのには、私も全く同じ意見だったので、苦笑しました。

左が三橋貴明さん

関東圏以外の読者には鴬谷はピンとこないと思いますが、鴬谷は上野駅の隣で、韓国人売春婦の出前が盛んな地域名です。  管轄警察も在日ヤクザからの袖の下とくされ縁で取り締まりは全くありません。  中国の公安と一緒ですよこれじゃあ…日本の警察も落ちたものです。

さすがに今では、それに加えて、サムスン・韓流というのがプラスされましたが、私の中ではこの順番は不動です。
この記事へのコメント
>日本各地の駅前に建っているビルの幾つかは朝鮮人(韓国人含)の所有物になっているのは、不動産業者なら周知の事。  なぜ駅前にあんなにパチンコビルが多いのか?  以前にその理由も書きましたね。  その殆どが、日本人から土地を強奪した犯罪者達の末裔のものであることを覚えておきましょう。 


実を言うと最近それらを知りました。これって法的にも所有権は保持しているのでしょうか。いろいろですか?
 警察の癒着もひどいものがあるようです。
なぜ朝鮮人はそれが将来にわたって、通用すると考えるのか不思議です。民族ということでしょうか。
 朝鮮人と言えば金嬉老です。彼の行動をいろいろ、調べて朝鮮人行動の基本型として把握しています。
 逆にそれとよく似た行動をする人はそれに染まった人と見ています。
 その典型が孫正義氏です。今彼は面白いことを考えていますが、すこっしらべれば、おそらく、何かがでてきます。
 警察の出番のようなものが出て来るだろうと見ています。
そのときの言い訳は多分金嬉老のそれと構造は同じでしょう。
 テレビ番組など、彼の能書きのような番組の作り方です。
マスコミを朝鮮が支配していることを知り、納得です。
 それにしても、朝鮮の侵食は大きいですが、追い出すことと見ています。
 しかし不動産は下がり続けています。古い家が壊され、別なものか更地になっています。駅前は虫食いの状態で、どうなることやら。
 
Posted by kenji at 2011年06月27日 09:12
> 実を言うと最近それらを知りました。これって法的にも所有権は保持しているのでしょうか。いろいろですか?

はい。 ちゃんと登記(所有権保存)されてますよ。

>  警察の癒着もひどいものがあるようです。
> なぜ朝鮮人はそれが将来にわたって、通用すると考えるのか不思議です。民族ということでしょうか。
>  朝鮮人と言えば金嬉老です。彼の行動をいろいろ、調べて朝鮮人行動の基本型として把握しています。

金嬉老、そうですね。 彼は単なる殺人犯です。  それが、殺した理由を日本人に差別されてきたからと言って、韓国では英雄からね。  まあ、悪いことはなんでも日本人のせいにすれば免罪されるという思考回路を持っている人達ですから。

100年後、鴬谷の売春婦達も悪い日本人に強制連行されて働かされた“性奴隷”になってますよ。 
Posted by Kanji at 2011年06月27日 21:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック