気付き: 金銀投資作戦参謀本部戦闘記録書庫

2011年06月24日

気付き

昨日、普段私が強調してきたJ-REITの真実を証拠付きで公開しましたが、思ったより低評価だったのには寂しさを感じました…。  不動産やREIT投資に興味のない人にとっては、どうでもいいことなのかもしれませんね。  しかし、ものすごい重要な事を書いたと私が言っている事だけは、記憶に留めておいてください。

決定的に重要な事を聞いても、その価値に気付く人と気付かない人がいる。  

例えば、以前に私が強調したこの記事


重要な高橋靖夫氏の業績

私が考える高橋靖夫氏の業績

以下の二つは非常に重要です。

@ニクソンショックによってドルは金の裏付けを失って単にフロートしたのではない。 ワシントン-リヤド密約によってドルはオイルバックの通貨になった。 この密約の存在に対して私が知る限り、初めて言明した。

A日米経済戦争の敗北をもたらした契機は、プラザ合意ではなく、ニクソンショックによってである。 これも彼が初めてで未だに追随者がいない(私は支持しています)

《金(先物)及び金鉱株掲示板より》

2009-05-05 高橋靖夫(作家・金評論家) comment 4 trackback 0



どれだけの人がこの重要性に気付いていますか?  一般には全く知られていないが、日本人にとってこの事の持つ意味は非常に重要です。   自称「日本で唯一の金鉱株専門会社」に属している増田悦佐さんが、確信犯かどうかわかりませんが、『3・11に勝つ日本経済』に円が切り上がっていったのは、ニクソンショックでと書いてますが、あなたほどの人であれば出典は明らかにした方がいい。  さりげなく書いていますが、私にはわかっていますよ。 普通の自称経済評論家は、気付きもせずにプラザ合意と未だに言ってますがね。  先々の事を考えたら、そうした方がいいと思います。  それと、BPの経営陣を批判してますが、あなたも「事態を完璧に把握している」と同じような事を言ってきた経営者の会社に属していることをお忘れなく。  

今回のこの記事を理解できる人はどれだけいることか…。


この記事へのコメント
>昨日、普段私が強調してきたJ-REITの真実を証拠付きで公開しましたが、思ったより低評価だったのには寂しさを感じました…。
  
 読みましたよ。大多数の人は不良資産の買取をしなければならないほど不動産市場が崩壊に瀕していると思っただけで、またやっているなぐらいではないですか。今わが国の企業で日銀を信頼して、行動をしている企業はひとつもないではないですか。
 何しろ経済のルーる違反はするは、実体経済の仕組み(グローバル化)二対応できていない。日銀の政策よりアメリカの政策のほうが実質の影響が大きく、悪いことにその政策による不利な方面を日銀がさらに加速しますから、利益を国内いておくより、外国においていたほうがいいですから、国内企業の中身も不明になっている。
 不動産についてはまったく知りませんが、不動産保持は基本的にはだめで、あくまでその運用ができるかどうかでしょう。
 最近田んぼを300坪を市に寄付しようとしたら断られたといいます。
身の回りにはアパートが建ち、いったい誰がすむのかとみなが言っています。先日東京へ行きましたが空き家が多く見られました。
 不動産はこれから地獄を見るのではないですか。
もともとわが国では不動産保持は有利なものデハありません。 戦後の一時期だけでしたがまだ目が覚めていません。
タダ違うのは外国から見るとまた別だということでしょう。それはアジア諸国から見るとでしょう。

 父親が昭和44年ごろに土地を買いましたが、現在では使ったお金を銀行に積んでいただけで、今土地を買ったほうがいい土地がかえます。しかし買うよりお金でもっていたほうがよいです。
 下がり続けていますから。
 しかしそれは今の判断で将来は違うでしょうが、人口が減りますから、別の資産へと変えていたほうがいいように思います。
 兄弟の財産分け用として買ったようですが、そのように話していました。今売れば大損ですよ。庶民がそれですから、他は持って、しるべしでしょう。知り合いももてあましている人がいます。

 30年くらい前、東京にビルを持ち、八階立てで、ワンフロアー家賃が1500万一月一億2000万という人を見ましたが、ビルを借りて立ててはもはや利益は出ない時代ではないですか。
 田舎にも東京の貸家を貸して銀行よりいい家賃を得られますから、不動産投資をしませんかという電話がたびたびあったが、その仕組みは知りませんが、こんな田舎まで来るようではおしまいではないかというと相手は笑いました。
 その前はゴルフの会員権でした。一時上場前の株をがありました。
 会社の社長の奥方に貸家を作ってはどうかいうと、<昔したことがあるがあれはするものではない>との返事でした。そのわけは聞きませんでしたが、社長は株は少しした用ですが、不動産には目もくれませんでした。そのため今も残っていますが、さすがに打撃がきいてきました。本業が打撃を受けました。貿易でお客が外国へといってしまったからで、実情はひどいです。あっというまでした。
 やはり予測を立てて、対策を立てておかないと、突然死がこれから増えますね。

1)についてですが
これは副島隆彦氏が述べたのではないですか

2)についてですが、当時の日銀総裁佐々木直は後年正直に変動相場制とは何か知らなかったと述べています。これは書物かテレビのインタビューか何かだったと思います。
 当時の大蔵大臣であった、田中角栄はよく知っており、そのとき巧みに対処したと聞きます。
 
 変動相場制は通貨間の貿易構造により、どちらが有利か不利かが決まります。
 したがって、
>日米経済戦争の敗北
は間違いでしょう。
事は単純で金を貸しすぎると貸したほうが負けです。したがってわが国は何をすることであったか?
 これは今も同じですが、軍事力および大都市開発に使うことでした。バブルをそのまま続けて、いくことでした。それをしていたら東京は大きく変わっていたのではとおもいます。人為的に壊しましたから。その結果が今でしょう。
  もうひとつは金を貸して、その金でアメリカの軍事力を借りるという選択をしたわけで、経済的問題ではなく。軍事的な問題の選択に過ぎなかった。
 したがって貸した(?)対米債権は軍事的に返済をされるが、一方はタダの紙切れ、もう一方は具体的なものと、実行力があることです。しかも要らないよというと紙切れはそれでおしまいですが軍艦は大砲をもっていますから、どちらが不利かは説明の必要はありません。

確かニクソンショックで為替市場が閉鎖され、日本市場だけ開き世界の人々はわが目を疑ったがひらいていたので、いっせいにドル売りをしました。このときの日銀の防衛戦がその後のわが国を決めたのでしょう。ナゼナラ国内に金融政策以外で円資金がばら撒かれたからです。

 その後会議で一ドル308円と決められ、その後変動相場制へと移りました。管理通貨制度となりました。
 その後は為替は貿易構造で決まりましたが資本市場が開放され、さらに自由化されたために大まかには経済の基本構造で決まりますが、投機資金が為替を決めるようになり、各企業は自身で為替対策をするようになり、ついには完全に為替は金融のみで決まるようになった。
 それと同時に紙幣から価値が別なところへいくようになった。また安定性がなくなり、減価するのが当たり前の構造となり、文字通り交換価値としての役目だけをにない、保持という機能(貯蓄)が失われた。現在においては貯蓄は、貯蓄としての意味はまったくない。
 人々はこれにきずいていない。一例を挙げれば貯金をするよりも国債を買ったほうが利子がいいですが個人が国債を買う上において自由市場になっていない。これをするとたぶん銀行がつぶれるからで、投資信託を通じてしか買えないようです。そのほか株式を購入したほうがいいものが大量にありますが国民は銀行を通じて株を買っています。
Posted by kenji at 2011年06月25日 20:48
Kenjiさん

大作ありがとうございます。 

まず@ですが、副島氏は、『<a href="http://www.amazon.co.jp/gp/product/433497385X/ref=as_li_tf_tl?ie=UTF8&tag=kazukimas-22&linkCode=as2&camp=247&creative=1211&creativeASIN=433497385X">「実物経済」の復活 ―ペーパーマネーの終焉</a><img src="http://www.assoc-amazon.jp/e/ir?t=kazukimas-22&l=as2&o=9&a=433497385X" width="1" height="1" border="0" alt="" style="border:none !important; margin:0px !important;" />』の中で、はっきりと高橋靖夫さんの名前を出して、彼の業績を評価している。 どうぞご確認ください。
Aですが、残念ながら論点がずれていると見受けられます。 高橋靖夫さんの著作『<a href="http://www.amazon.co.jp/gp/product/4331507556/ref=as_li_tf_tl?ie=UTF8&tag=kazukimas-22&linkCode=as2&camp=247&creative=1211&creativeASIN=4331507556">金、復活!21世紀の米世界戦略とは―A RETURN TO THE GOLD STANDARD</a><img src="http://www.assoc-amazon.jp/e/ir?t=kazukimas-22&l=as2&o=9&a=4331507556" width="1" height="1" border="0" alt="" style="border:none !important; margin:0px !important;" />』を一読されることをお薦めします。
Posted by Kanji at 2011年06月25日 22:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。