J-REITの真実: 金銀投資作戦参謀本部T・U

2011年06月23日

J-REITの真実

私に近い方は、既にご存じですが、本日はJ-REITの実相をご紹介します。

J-REITの実相
20110622REIT.jpg

この記事が出た時に私は独り興奮してましたが、私の周辺は全然でした。  ふ〜ん、てな感じで肩透かしにあった感じです。   ここで強調しておきたいのは、新聞社にとってマンションや住宅の広告を打ってくれる不動産会社は大得意様で、批判とも捉えられかねない記事は通常は上から圧力がかかるはずです。  にもかかわらず、小さいながらも、また疑問形(せざるを得ないか?)にしながらも、このような記事を出した日経には、感心しました。  皆さんも、日経電子版でも購入して確認してください。 親不動産会社が優良物件を手放さずに、下のクラス(要は処分したい不要な物件)をREITに押しつけている。  まさに私が良く使う、「婆さん芸者」。

お断りしておきますが、私は別に親不動産会社を一部批判はしても非難しているのではありませんよ。 そんなに青臭くありません。 もし、私がその親不動産会社の経営者の立場なら、私も同じことをやるでしょう。 しかしね...あまりにもわかりやすい。 この新聞記事にはなんて書いてありますか?  いっそ、親不動産会社の株式を買った方がよっぽどいい...私もそう思います。 読者の皆さんはどう思いますか? 

再度、繰り返し言いますが、これはすごい情報ですよ。  実務経験のある不動産業界人しか絶対にわからないはずです。
この記事へのコメント
花盗人の執筆したコラムですね。
日経の論説委員ですよ、正体。
業界はその記事に激怒しました。もちろん抗議がいってます。
彼や貴方のように、超一級物件をスポンサーはREITに売らないと批判する人がいますが、REITがそんな利回りの低い物件買えるわけないでしょう。
分配金をいかに高く安定して配当するかってことがREITにとって大事なんです。
ネット4%台なんてありえません。5%前半でも難しいですね。
そうするとSクラスビルなんてそうそう買えません。それでもビルファンドやジャパンリアルエステイトはスポンサーの厚意もあって結構持っていますけど。
それにSクラスビルだから投資のリスクが低いなんて言えないでしょう。オフィス賃料がどれだけ下がったかご存知ですよね。
世間知らずの新聞記者はともかく、不動産業界の方であればその辺りお分かりになると思のですが。
Posted by at 2011年07月03日 19:44
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック