内閣総理大臣(征夷大将軍): 金銀投資作戦参謀本部T・U

2011年06月06日

内閣総理大臣(征夷大将軍)

暫く書くつもりはありませんでしたが、緊急寄稿します。

ここ数日、東北やフクシマの惨状が目に入らないかのごとく政争している、奸や汚澤の振る舞いにあきれ果て、うんざりしている国民は多いと思います。   副島隆彦は民主党に政権を取らせろと数々のメディアを通じて訴えてましたが、このオトシマエをどうしてくれる?  忘れてはならないのが、民主党を選んだのは国民自身ということ。  戦前も、日清・日露・満州国建国・大東亜戦争を国民自身が熱狂的に支持していたことを忘れてはいけません(これは悪い意味で言っているのではありません)。

内閣総理大臣とはなんぞや? 故小室直樹が死ぬまで言っていたように、日本は近代国家ではないんだから(ここまでは小室直樹)、内閣総理大臣ではなくいっそ『征夷大将軍』とすればいい。 

日本の歴代の英雄達に恥じないように仕事をしろと。  あまりにも『内閣総理大臣』という名が軽すぎる。

両者とも、天皇に任命される形をとっているんだから同じでしょう?  日本人にはこちらの方がすっきりすると思いますが、如何?  

ヤケクソで言ってるんではありません。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック