どうにもとまらない: 金銀投資作戦参謀本部戦闘記録書庫

2011年04月22日

どうにもとまらない

ここ暫くの間、石原莞爾とか中国バブルとか独り言ばっかりでした。  本来の金銀に関係のない話が多かったですが、気になっていることを書きます。

ここ数カ月の間、金銀の急上昇が続いてます。  エリック・スプロットが今年中に銀50$と言ってたのが、もう数日で実現しそうな勢いです。  銀に対して強気の方は彼が、「Precious Metals Funds with First Silver Bullion Mutual Fund in Canada」を検討してみては? 彼は本物ですから間違いはないでしょう。 

私も降りるのが早すぎましたが、この急上昇に今から飛び乗ることは恐ろしくてできません。   大体、我慢できなくなって買ったとたん、急降下という経験を読者の方々もお持ちでしょう。  私もあります(笑)。  買った時が最高値で、今や1/30になってしまったような悲惨な株を買った経験もありますから。   無理は禁物。

どうにもとまらない金銀の上昇ですが、気になる本を読みました。 『世界通貨戦争後の支配者たち』 この本によると、日本人の学者が水銀から金を精製する手法を見つけていた。 また、それにより日本は容易に金保有量を増やすことができると。  ロシア政府(?)の分析として。 眉唾もののホントか? という話ですが、興味深くはあります。 なぜなら日本は膨大な金を保有していたという説を唱えている作家もいますので(また別の機会に)。

著者の原田武夫氏は金やロスチャイルドに関して他にも幾つか本を出しています。  『狙われた日華の金塊~ドル崩壊という罠~』である日、突然に退蔵されていた巨額の金が市場に放出されて、金が暴落するという説を唱えていますが、事の真偽は別として非常に興味深いと感じてます。

なぜジム・ロジャースは金よりも銀・綿花・穀物と言っているのか?  なぜ、バフェットは金ではなく銀に投資したのか?   私には一つの推測がありますが、また別の機会にします。  この両者は露出も多く、広告塔的な役割(これはZenjiさんの表現)も持ってるんじゃないか?とも推測してますので。  


posted by kanji at 21:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 金銀現物・ETF・先物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。