不動産購入予定者必読本: 金銀投資作戦参謀本部戦闘記録書庫

2011年01月28日

不動産購入予定者必読本

金銀共に、下がってますなあ…。 

いつも早くイッてしまうのが私の悪い癖ですが、時々タイミングを外して後悔することを考えると、仕方ありません。   


さて...これまで主に入門編で不動産推薦本をご紹介しましたが、不動産投資で買う人も、自分が住む住宅しか買わない人もこの本だけは読んでおいた方がいいですよ。  中上級向けです。 でも初心者も買わなくても読んでおかなくてはいけません。   

不動産絶望未来 ―これからの住宅購入は「時間地価」で探せ!

この著者は雑誌記者ですが、20年以上にも渡って自ら渉猟した経験とデータを基に書いてるだけあって、読み応え十分です。  

しかし、この著者には私も苦笑しました。  「40歳近くの新郎新婦は中古」とか、女がマイホームを欲しがるのは「結婚後女としての魅力が落ちていく中、夫を自分に釘付けにするための切り札と考えている」とか書いてありますからね。  (こんな恐ろしいこと本名で書けるなんて…)

女は計算高い生き物ですが、後者を真剣に考えている女は少ないと思うけれどもどうでしょう?  それくらいの事を考えるような女は、むしろ物件に妥協できなくて、いつまで経っても買えない客のようになってると思いますが如何?  

サラリーマン不動産投資家の絶望的な未来も予測してます。  私が以前書いたことと同じですが。 金が暴騰したタイミングで不動産に飛び移れば最高だったのですが、タイミング良く乗ったつもりの馬が馬鹿(うましか)だったのが私の金鉱株絶望未来でした…。  まあ、検証してみて、金に目をつけたタイミングは最高(現物か住金鉱山)でした。  そして金が暴騰したタイミングで不動産に飛び移るというシナリオも最高でしょう。

素人サラリーマン不動産投資家が絶望して手放すタイミングは同時に金銀が暴騰しているタイミングだと思ってますから。  

ただこの著者も商業用不動産は専門外とみてほとんど触れてません。 どうぞ皆さん、アパマンを買っていってください。  私が目を付けてるのとは違いますから。

J−REITは『婆さん芸者』これは最初に唱えたのはKanjiということを皆さん記憶しておいてください。  商業不動産を扱ってる同業者からもお見事!な比喩と絶賛(言い過ぎ)されてますよ。  ホント。


この記事へのコメント
お役に立てて光栄です。 本当は勉強しないで失敗してくれる投資家が多ければ多いほどありがたいんですけどね(笑)。  手ぐすね引いてその時を待ってます。
Posted by Kanji at 2011年01月29日 23:06
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。