もう一つのブログ開設の理由と「韓国人と中国人3」: 金銀投資作戦参謀本部T・U

2010年10月24日

もう一つのブログ開設の理由と「韓国人と中国人3」

『トロント金銀鉱山株+東京不動産投資研究所』に掲題の理由を書きましたが、今は新ブログをZenjiさんと一緒に盛り上げていきたいと思いますので、ご容赦を。

当分の間、こちらには新ブログには書けない話をつらつらと書いていこうと思います。

以前に『韓国人と中国人』と題してシリーズを書いたことがありますが、その間に尖閣諸島の巡視船事件等が発生して案の定、中国人の契約の概念(条約締結の概念)のなさが見事に露呈されました。

私も、中国人と不動産で取引しかかったことが2〜3度程ありますが、まあ2度とゴメンです。 中国と日常取引のある会社の社員なんか全く驚いてないでしょう。  簡単に想像できます。

私が家主だったら、相場では絶対に貸しません! 損害を計算した上でリスクを金額に換算してONし、「それでOKだったら貸してもいいよ。」 というスタンスですね。  空室率の惨憺たる現況を考慮した上の話です。

-------------------------------------------

もし、中国人に日本が占領されることになったら、チベット人虐殺や大東亜戦争の中国兵に捕虜になった時の日本兵のように、男は長時間の苦痛を与えられた上でのなぶり殺し、女はよほどの「不漂亮(各自調べてください…)」以外は強姦され慰み者になるでしょう。

事実、数年前(3〜4年前)に石原莞爾の足跡を訪ねて「ハルピン」を旅行したことがありますが、その時に4ツ星酒店(高級な部類に入ります)で日本円で2千円弱のナイトショーを見ていたときに、なんと日本兵が中国小姐を襲おうとする劇をやってました!4ツ星ホテルで!  件の日本兵は強姦しようとして中国小姐に○弟弟を拳銃で撃ち抜かれ文字通り玉なしで悶絶しているところを、多数の男達になぶり殺しにされるという…。  目を背けたくなるなるような劇でした。  玉なしで悶絶している日本兵役に、ショーの観客が立ちあがってモノを投げつけたり、罵倒したり、いやはやひどいものでした…。  こんなショーにリーベンレンの私が、2千円近くも払って全くの白痴でした。 

その時に感じたのが上記の内容。 「こいつらが日本に上陸したら絶対にやるだろうな…」と。 

※事実、こんなの見つけました。
東北三省旅行記〜中露国境・黒河編 著者の2008/9/12記事を読んでください。


中国人はもっとずる賢いと思うのですが、中国共産党にこんなにうまく騙されたりしてるんですから救いようがありません。

毛沢東に騙されて文化大革命なんかもやった実績からすると、大多数は絶望的に白痴なんですね。

------------------------------------------


ちょっと、脱線しすぎましたがWBSでも特集されていたように、銀座周辺でも中国人が日本の不動産を買い漁ってます。  青色吐息の多数の不動産業者は、焼畑農業のように後先考えず仲介してますが、それで結構。

もうすぐ、中国の不動産スーパーバブルがはじけます! 絶対に!  私はロシアだけでなく深圳でも不動産を調べましたよ。  1989年に日本が頂点を迎えたバブルを遥かに超えてます! 信じられないくらいにね。 収益還元で計算した利回りが2%!程度。 ローンの借入金利が8%以上! 銀行定期預金金利が3.5%程度! 一体どうして計算が合うのか!  しかも収益物件は空室だらけ。  中国人は賃料を払うくらいなら絶対に買いたいと考える人達ですから。  

一旦、逆流が起こったら、ポロロッカのようなすさまじい現象が見られるでしょう。

最初のバブルで日本人がアメリカ人に高値を掴まされて安値で売却したのを、今度は中国人が経験するのですから、歴史は繰り返しますね…。
posted by kanji at 00:38| Comment(1) | TrackBack(0) | 著者の独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今回のエントリーの内容は面白かった。
特にポロロッカ、歴史は繰り返すは全く同意だ。
また不動産の有益な情報お願いします。
Posted by 瀬戸の花嫁 at 2010年10月25日 21:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...