正真正銘金鉱株“住友金属鉱山”: 金銀投資作戦参謀本部T・U

2009年09月20日

正真正銘金鉱株“住友金属鉱山”

さて、先日の書き込みで(ジパングとの比較で触れましたが)、日本で唯一の金鉱株『住友金属鉱山』について書きます。  来る日本株暴落後の金ブームでこの株に最後の大勝負をかけるつもりですから。

皆さんご存じの通り、住友金属鉱山は世界最高品位を持つ菱刈だけでなく、第2菱刈も持っています。 関西あきんどの冠“住友”のことですから、金が暴騰した絶妙なタイミングで採掘計画をアナウンスすることを期待しましょう。 

私は超有名な菱刈鉱山でさえ、住友ヤマは本当の埋蔵鉱量を隠していると思います。 事実、2005年のJOGMECの調査でも周辺地域で金品位22.02g/t(着鉱幅1.2m)と金品位21.58g/t(着鉱幅2.24m)の鉱脈が発見されています。 特に高品位な部分の金品位は43.8g/t(着鉱幅0.48m)です。  なんと1t当たり43.8g! 菱刈鉱山の平均値50g/tに匹敵します。  菱刈の最高250g/tには劣りますが、世界で見て22g/tなんて品位は最高の部類でしょう。  周辺部でこれだけの探鉱結果が出ていて、また菱刈鉱山の金埋蔵量が250tとアナウンスされていますが、今でも金の蓄積が続いているのでは?という情報もあります。

2005年のJOGMEC発表によると、この発見された金鉱脈は、菱刈鉱山本鉱床の西方、山田鉱床の西北西に位置しており、今後は住友金属鉱山の探鉱に引き継がれる予定とのことでした。

2005年に発見された金・銀鉱脈の深度と品位

深度  250m前後
着鉱幅 約0.5〜1.2m
金品位 約21.6〜44.0(g/t)
銀品位 7〜14(g/t)
posted by kanji at 21:09| Comment(4) | TrackBack(0) | 【5713】住友金属鉱山(株) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
アポロホルダーさん、おめでとうございます!
禅師さん、なんでAGTは上げ始めたのでしょうか?
もしご存知であれば差し支えない範囲で、ご教示ください。
ニュースがないと考えられないですが。。。僕にはわかりません。
うれしいですが。。。
Posted by umisoba at 2009年09月24日 00:32
umisobaさん

カナダの掲示板によると、どうやらアポロ買収の噂があるそうです。

アポロホルダーさん

今日、オーストリアの不動産を見てきました。後日報告しますね。
Posted by 禅師 at 2009年09月24日 06:04
禅師さん、ありがとうございます。
ものすごい出来高からみても納得できます。
これからの動きが非常に楽しみです。
AGTだけでなく、金鉱山が注目されている一つの証左でもありますね。
Posted by umisoba at 2009年09月24日 07:13
umisobaさん

昨夜のアポロ急騰で一部NY市場のAGTを利食いして、Osisko(禅師さん、事後報告ですいません)を8.50CADで乗り換えました(平均0.49US$で買い0.52USで売却)。 なるべくNY市場から離れたいですから。  それと私はCADでも平均0.6位(買い増し含む)で買っているので、うれしいニュースですが3.0〜4.0が実現を願っています。  また他に銀鉱株を買っているので、買値に戻った時点で売却→OsiskoやAPGやRandGoldに集中するつもりです。

禅師さん

いつも貴重な情報ありがとうございます。
私も不動産でネットに載せられない貴重な情報(海外不動産)をつかんでいますので、また後日ゆっくり話しましょう。 私も禅師さんの戦略を半分採用させていただきました。

APG、Osisko、RandGold、金融ベアETF、新光日経ベアファンド、日経225mini売り、それと住友金属鉱山(暴落後買予定)です。  昨日、ブエナベンチュラとAGTの一部利食いで初めてOsiskoを1100買いました。 上記戦略に集中したいと思います。
Posted by Apolloホルダー at 2009年09月24日 20:28
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック