一本丸ごと真坊さんへ 2: 金銀投資作戦参謀本部T・U

2011年11月03日

一本丸ごと真坊さんへ 2

真坊さんへ

真坊さんの書き込みで幾つかわかった事があります。 

田中角栄に関する評価で少し気になったのですが、恐らく増田さんに相当の影響を受けての事だと思います。 キリがないので、大幅に省略します。 ブレーンの増田さんは不動産から交通論(鉄道論)まで幅広く著作を出してますけど、その論のままを信じるのは少し早計では? 

増田さんの著作の中では、『日本文明・世界最強の秘密』が一番傑作だと思いますけど、「なぜ日本の高度成長は終わってしまったのか?」で田中角栄の「日本列島改造論」を主因に挙げている。

1970年代の失速は、「日本列島改造論」よりも「ニクソンショック」の方が大きいのでは? アメリカの借金踏倒しと原油高と円高の「日本の産業大量破壊兵器」が打ち込まれたのを契機に失速していったと思いますが如何? 

以前は為替の世界にどっぷり浸かってらしたようなのですぐにお分かりになってもらえると思いますが…

増田さんは確かに優秀な方だと思いますが、全部が全部当たっているとは思えません。

以上、余計なおせっかいでした。
posted by kanji at 23:18| Comment(2) | TrackBack(0) | 著者の独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おんや、またまたお呼びで・・・・

あたしゃ、増田の親爺の御本読んでませんぜ。小室の親爺もプレイボーイ誌でへんなのおるなぁってんで、なんか一冊読んだ気がするぅ。しかし、司馬さんの土地に対する発言は なんかあり だと思って 坂の上の雲 は読まずとも講演随筆エッセイで土地発言ないか、あさりましたがのふ。あの人、高度成長の始まる前からの土地の上昇に懸念もってましたな。で、日本が崩れるとしたら土地から・・・崩れたらなすすべもなしだと・・・さよう銀行の金利は漫画みたいな状態のまんまですな。あげくは1989以来財政赤字莫大・・・田中の親爺のこと ゴリガン男 とかいってましたなぁ。土地不動産の固定資産税・・・ありゃ、いまや公務員の金蔓だね。だからデカイ都庁が建ったらしいのふ。
Posted by 真坊 at 2011年11月04日 11:40
真坊さん

増田のおやっさんの本を読んでないんですか…それは困った(笑)。 読む必要がないくらい身近に感じるからでしょうか? 私は別に角栄になんの関係もありませんが、角栄以降全くできる政治家がいないじゃないですか。
もし本当に有能な政治家であれば、百億単位で蓄財しても私は構いませんが、汚沢を始めとして無能な政治家ばかりでそんな政治家が金権政治だけマネをするのが頭に来て仕方がない。
Posted by Kanji at 2011年11月04日 20:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック