金と銀: 金銀投資作戦参謀本部T・U

2011年08月29日

金と銀

「小市民カーン」がやっとこ退陣です。  三橋貴明さんのブログで「市民カーン」退陣とあったのに感心して、こっちの方がもっといいだろうと「小市民」としました。 わかる人だけで結構。 あなたも私も民主主義という一応のシステムの下では連帯責任を取らされています。


2001年のITバブル崩壊後、次の成長産業を探していた私は金の上昇に気がついてしまいました…。  

結果的に金の上昇に気がつかずにいれば、ジパングも知ることがなかったし、不動産投資のみで今頃キャッシュフローは年間600万円は軽くあったことでしょう。 この10年もの時間を考えれば、10%の頭金だけで可能でした。 今頃は負債のない不動産を手にしていたことでしょう。

全ては後の祭り…。 だからこそ、今でも不動産ではなく、金銀の世界に私はいます。

当初は金にしか関心はありませんでしたが、途中から主に銀投資に入って行ったのは昔からの読者は、リアルタイムで検証できたましたね?

金が1980年の高値の2倍をつけた中、誰かさんと違って口だけでなく、実績を伴っているエリック・スプロットは、金から銀に主力を移すようです。

重要なところを抜粋。

20110829Eric sprott
the last decade will be silver

Eric Sprott, the perennial gold enthusiast, has his sights set on a new precious metal.

Mr. Sprott’s charitable organization, The Sprott Foundation, is selling two million units of its gold holdings and using the money to buy silver.

The move comes as gold veers close to $1,800 (U.S.) per ounce, and less than a week after Mr. Sprott had declared the metal “the investment of the last decade” in an interview with GoldMoney Foundation. “I think silver is going to be the investment of this decade.”

銀投資家さん達、おめでとうございます。

但し、ウォーレン・バフェットはとっくに銀から撤退してますからね。 念のため。
posted by kanji at 21:19| Comment(1) | TrackBack(0) | 金銀現物・ETF・先物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 ジパングについては、その始まりについてはまたくしらず、だいぶ後になり、知り、金価格の上昇と探鉱の成功にかけて、投資しましたが、大損です。山師の世界と納得していますから、そのままです。
 早い時期にきずくことはいいことか悪いことかは分かりません。
 これはどの世界でも同じでしょう。タイミングというやつです。

kenjiももっと遅くきずけば、被害は少なかったなと思います。
 個人的にはまだ分からないなとおもっていますが、何しろ、工場(?)が外国ですので、一次情報が入ってこないのは、なんともなら無いです。
 会社の状況は別として、株価はそこをうったと思っています。
探鉱の成功を祈るばかりです。
 大恐慌ですね。不動産は下がるのではないでしょうか?
kenjiにはまったく関係ない世界ですが、当地も売り地が多く在ります。
Posted by kenji at 2011年08月31日 11:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...