【1683】国内金先物価格連動型上場投信 を売却: 金銀投資作戦参謀本部戦闘記録書庫

2010年02月27日

【1683】国内金先物価格連動型上場投信 を売却

昨日の記事で掲題の金ETFを購入と報告しましたが、あまりの出来高の少なさに、昨日3,140円で売却しました。

これだって、売却した時点でTOCOMの金が3,180〜3,190円くらいで動いているのに、この金ETFの値段は3,125円程度!  これまた野村金ETFと同じく全然連動してないじゃない!とリスクを感じ、売却。

今、日本には安心して取引できる金ETFはありませんね。  これだったら、素直にTOCOMの金を一枚だけ売買していた方がよっぽどましです。

それと、例のジパング、Yahooの掲示板でも酷い書かれようです。

その中で、真偽のほどはわかりませんが、「藤原直哉さんと袂を別った理由」が書かれていました。

昔っから、トラブルを抱えていたようです。  最後はやはり、タミ永閣下になるしかないか…


posted by kanji at 09:28| Comment(4) | TrackBack(0) | 金銀現物・ETF・先物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 どうも、香港で風邪をうつされたらしくヘロヘロです。

 トロント市場のCSI、もう一段跳ねる気配アリです。
Posted by 禅師 at 2010年02月27日 20:35
FRBがETFペーパーゴールドで金の値を抑えるのは今じゃないでしょうか。金売りしてしまっている銀行を救うには1000ドル近辺の今でしょう。1500ドルとか2000ドルに金価格がいってしまったら、インチキETFても値を抑えるのは無理、1100ドルあたりが最後の機会でしょうね。近いうちもう一度1000ドル割れがあると思います。
Posted by 真坊 at 2010年02月28日 15:34
はじめまして。管理人様。
管理人様の懸念される所のETFの危険性とはどの様なものが挙げられるとお考えでしょうか。
私も疑い深い性分なせいか、どうもこのETFには登場当時からキナ臭さを感じておりました。
何故、あの時期に世界的にETFが普及しだしたのか?
ロスチャイルドを始めとする国際的な金融資本家が金をかき集め独占したいとすれば、何故一般個人投資家に容易く金を買い与えるような仕組みをばら撒く事を許可した、若しくは必要があったのか?(逆説的には買わせる必要があったという事?)
田中貴金属店が金投資に関して一般人に向けてTVCMを流すようになった。
本当に旨みのある投資と言うものは向こうからわざわざ宣伝費をかけてまで営業をかけては来ないものなのではないでしょうか。
私はこのETFがこの日本にまで登場した当初、もしかしたら、これ自体が金や銀の価格を駆逐するクラスター爆弾の要素にされる可能性があるのではないだろうかと懸念を抱いておりました。
やはり、私は疑い深すぎるのかも知れませんね。(笑)
Posted by はじめまして at 2010年03月02日 11:02
金ETFは、金の価格を押さえ込むために造られた―というのが私の結論です。  金現物だけの投資だと、金価格があっという間に跳ね上がるのが明白ですから。  それと、SPDRの危険性はいろんなところで語られているので言及しません。  野村金ETFは債券の信用が暴落したら価格も連動します。  だからTOCOMに連動する新ETFには期待したんですがね。

暴落と言えば例の株、毒饅頭を二つも喰らってしまったので、そろそろ体全体に毒がまわっていることでしょう。  
Posted by Apolloホルダー at 2010年03月02日 18:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。