世界恐慌第2幕の始まり2: 金銀投資作戦参謀本部T・U

2009年10月02日

世界恐慌第2幕の始まり2

ここ数日の株価、為替、金、金銀株等の動きを見ていて日に日に感を強めている。

9/29のブログ(日経10,187円を切った報告)でその旨の予想を書き綴ったが― いよいよ、いよいよか!

ベア・ファンドを仕込んでおいて良かった…(ウルトラ・ベアストックのことではありませんよ!)  9月上旬に仕込んで、しまった!また早かったか!とも思っていたが、保険を掛けていなかったら―と思うとぞっとします。

今後数日数週間は不安定な動きが続くか?!  それとも一挙に崩壊か?!

金の動きが短期では読み切れない!  去年の秋のように株と一緒に引きずり込まれる可能性もあると思うし(700tを超えるNY先物買越残も蓄積している)、ドル暴落と同時であれば暴騰になるだろうし、もしタイムラグが発生すれば、一旦引きずり込まれて暴落の後、暴騰となるだろう。

この状況をもし読み切れれば、千載一遇のチャンスとなるでしょう。  しかし、もし読みを間違えれば、地獄へ真っ逆さまだ。  金暴騰を予想して住友金属鉱山に買いで入った投資家は、今引きずり込まれています。

さあ、どの時点で手を出そうか?  冷静さを失ってはいけない。  

自戒を込めて自分に言い聞かせています。
posted by kanji at 23:54| Comment(3) | TrackBack(0) | 著者の独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
住友は銅とかニッケルもお持ちですからね。ご注意ご注意。
松様のジパング戻り気味ですのふ。どーなるべかのふ。
タイミング。これ難しいのふ。松様が5月に暴落あるよっていっとったので4月ベア仕込み6月ベア撤退。イタタ。
松様も10月あたりからといっとる。どーですかね。あたしゃ、ダウ1万ドル奪回は有るとおもっとりますのふ。ドル安効果ですね。そして、その後で暴落・・・ドル高・・・
皮算用は当たるかのふ。
Posted by 真坊 at 2009年10月03日 10:52
いずれにせよ、もう間もなく判明します。

ドル高?我々は日本人ですからこれは可能性は低いと考えています。 ジンバブエ等外国から見てドル高じゃないか!はないですよね?</b>

さて松藤・真坊さんの見通しが正しいのか?間違っているのか? 時間軸を言明しておかないといけないと思いますよ。 
Posted by Apolloホルダー at 2009年10月03日 17:35
時間軸つうたって、松様は15年以上だもんなぁ。
FAXで今が金の買い時と行って来たときもあったがのふ、逆にダウ1万ドルいっちまって金はズテーンと下がったときもあったのふ。
その時はこっちも先物で泡くったなぁ。先物はあぶないねぇ。
さてさて、15年だから話しも煮詰まりはじめてますが、やはりタイミングタイミングタイミング・・・ あたしゃ主戦線はブラックロックゴールドメタルオープンAでございます。
1300ドルの内陸まで進撃しないとノルマンディーは成就しませんねぇ。まだオマハ海岸行ったり来たりしとりますねぇ。
Posted by 真坊 at 2009年10月04日 14:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック