アメリカの破産!? すると日本はどうなるの?: 金銀投資作戦参謀本部T・U

2009年09月07日

アメリカの破産!? すると日本はどうなるの?

ここ数日、FRBの危機に関することが、様々なところで取り上げられている。  ずっと前から言われ続けてきたことだが、今日まで未だ現実化していない。

しかし、どうも今回ばかりはヤバそうだ…。 

アメリカが破産しても日本に被害が及ばなければ、モーマンタイ(メイウェンティ)だが、そんな訳ない。

不動産でも個人の倒産の場面を何回か見たことがあるが悲惨だ…。  債権者の怒号、債務者の開き直り、等々…お金が絡むと修羅場と化してしまう人間の業、国家でも同じでしょう。 

松藤氏は未だ「ドル高になる!」と言っているが、大丈夫でしょうか?  

ジパング株と違って、一般からお金を集めている訳ではないので外しても全く問題ありませんが、もし外してしまったらアナリスト?投資家?投機家?としての自身の評価が更に大暴落するでしょう。

全くの余計な御世話ですね。

以下は、金鉱株掲示板から、かつて私が書きこみをしていた私が書きこみをしていた記事です。  参考までに…


オバマ不信任
□投稿者/ Apolloホルダー
□投稿日/ 2009/03/10(Tue) 00:15:20

ことの重大性を理解できても、オバマだけでなくロン・ポールでももはやどうにもできません。

もし、オバマが本当に切れる人なら、初めから大統領になど立候補していないと思います。 自ら生贄になるなんて…。 


NO.11696  ユダヤ人国際金融勢力とジパングあとオバマ
□投稿者/ Apolloホルダー
□投稿日/ 2009/02/10(Tue) 00:32:34

やはり、アメリカが崩壊するときの大統領は少なくても白人以外でなくてはいけなかったんでしょう。 経済評論家の副島隆彦さんは、オバマの肌の色がアメリカの団結にかかせないと言っていますが、逆でしょう。 暴動が頻発する状態になったときに、アメリカの国民の怒りを白い肌ではなく黒い肌に向けなくてはいけないように、「黒人大統領」でなくてはいけないんだと思っています。
もはや白でも黒でも黄色でもうまくいきません。 いきっこありません。金色以外は。

CDSの契約残高約6000兆円という数字を考えてみただけでも。 CDSだけではないんですよ。 信じられないことに。 ちなみに日本のGDPが500兆円、国家予算が90兆円。 現実感を喪失する金額です。

山一の元社長と違うことは、世界の歴史に残ってしまうのが悲劇です。

最後に、昨日ロスチャイルド銀行設立に関わったリップス氏やロスチャイルドとのアドバイザリー契約との関係についてちょっと書きましたが、どうかトロイの木馬にならない程度に引き入れてください。 もし、松藤さんがこの掲示板を見ていたらですが。 個人的な意見です。 もっとも重々承知の上だと思いますが。



オバマの後は、ロン・ポール?!
□投稿者/ Apolloホルダー
□投稿日/ 2009/03/03(Tue) 22:09:05

オバマが計画倒産の生贄にされて後は、短期的に数人が間に入ったとしても最終的にはロン・ポールが大統領になることまで、もしかしたら筋書きができているのかもしれません。

ロン・ポールは、唯一の本当の貨幣は金だけだと一貫して主張しているし(FRBを廃止しろと言って殺されていないし)、未曾有の苦しみを救えるのは、人生経験豊富な白人の爺さんで最後に救われるという。

リンカーンは国立銀行設立を唱えて殺され(犯人ブースはユダヤ人・鉄砲玉)、ケネディはFRBを廃止しようとして殺されてたのになんで、ロン・ポールだけが殺されないの?(実は生かされていると思う)

メシアとしての役割が期待されているのかな…

posted by kanji at 15:49| Comment(5) | TrackBack(0) | 著者の独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ロン・ポールに対して穿った見方を出来るくらい物事を斜めからから見るAuthor:Apolloホルダーさんが、つい最近までジパングに騙され続けていたのが、どうも解せません。

と言うかごく普通の客観的視点があれば今年の春の時点でジパングは見切りをつけれるでしょう。

つい最近までとは、欲にかられて正常な判断が出来ないかったのでしょうか。

因みに私はジパングは今年2月中に売買し利益確定して運よく売り抜けました。

もちろん当初から一株で家一軒なんて詐欺師まがいのM氏を全く信じていませんでしたが、ど素人投資家が多いここは逆に儲けのチャンスと思ってました。

その後も、子会社化云々とかとそれを急遽取り止めとか、こんなクソ株に騙され続けている欲にかられたど素人投資家が続々と世の中に存在するんだと呆れていました。

しかしロン・ポールに関しては穿った見方をしておりませんよ。
素直に評価しています。

どちらが正しいか分かりませんけど、少なくともジパングに関しては
Apolloホルダーさんの目はペケでしたね。

たぶんロン・ポールに関してもね。
Posted by 又三郎 at 2009年09月07日 22:05
いきなりコメントしてずいぶんと攻撃的ですね(笑)
又三郎さんに何か恨まれるようなことをしたんでしょうか?

最初から読んでいただければわかると思いますが、私は恥も外聞もなく自分のこのブログで懺悔しています。  仰るとおり今年の春に、クズ株に見切りを付けてさっさと売却すればよかったのですが、今まで松藤氏の多くの著作を読んでいてこれだけ立派なことを言う人がまさか言っていることと、やっていることが全く一致してない訳がないと考えなかった。 気づかなかった。 いや、むしろ薄々気付いていたのに信じなくなかったというのが、その答えだと思います。  正直に告白しますが、不思議なことに人間は儲けようとするよりも、なんとか損を取り戻そう、なんとか買値まで戻ってくれという心理が強く働くようですね。  そのためになかなか見切りを付けられませんでした。 

それと、ロン・ポールについてはこういうシナリオも可能性としてはあるじゃないか?、悪いシナリオも想定しておいたほうがいいのではないか?ということです。 このような見方は、このブログの最初の方に書いてありますので見てください。  おかげさまで、すっかり疑い深くなってしまいました(笑)
Posted by Apolloホルダー at 2009年09月08日 11:38
いきなり金が1000$!! どうなってんの?
Posted by 禅師 at 2009年09月08日 15:49
・・の件ですが。間もなく米国でそれが破裂すると、まこと
しやかに語られておりますが、商業用物件とはテナント用
の不動産限定なのでしょうか。あるいはオフィス用物件も
含まれるのでしょうか。また、その影響は日本の不動産
市場にも波及するのでしょうか。(日本の不動産企業も
米国のリート商品に投資しているのか?)お教えください。
Posted by こた at 2009年09月08日 16:15
禅師さん

いよいよですね。 私も少額ですが例のヤツ11.51CADで買いました。  懸念したとおり、NYダウ暴落より早く金が動き出しましたね。

こたさん

当然、オフィスも含まれます。  日本に影響が無い訳ないでしょう(影響なくても、勝手に下落中ですが)。
 
Posted by Apolloホルダー at 2009年09月08日 20:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック