ホモサピエンスとネアンデルタール人の違いの如く: 金銀投資作戦参謀本部T・U

2013年10月30日

ホモサピエンスとネアンデルタール人の違いの如く

竹島で韓国軍が軍事演習とのニュースが流れた。

在日はしばき隊に代表されるように、相変わらず反日行為に走っている。

本当に虫唾が走る存在だ。

歴史的に見事なくらいこれ以上のない最悪のタイミングで最悪の選択を常にしてきたのが朝鮮人という生き物だ。 それはもう惚れ惚れするくらい見事なくらいに。

そもそも日本人及びその他の外国人(中国人は除く)と韓国人はホモ・サピエンスとネアンデルタール人と同じくらい異なる種ではないだろうか? 

在日朝鮮人はサナダ虫と同じようなもので、寄生体が死んでしまうと自分も死ぬことが理解できない。いや寄生虫だって寄生体を本体を殺す行動は採らないだろう。 それを考えてみてもまだサナダ虫の方がおりこうさんに思える。

人類の祖先はホモサピエンスだが、朝鮮人はネアンデルタール人ではないのか? と半ば本気で考える。 いずれにせよもうすぐ絶滅する種だ。 別にナチスドイツのように、朝鮮人にチクロンBが散布されるとかいう意味ではない。 経済的繁栄が絶頂を迎え、今後世界からその存在が消えていくことと、南米で共存できない民族と名指しで批判されたように、世界から嫌われていろんな意味で消滅していくということだ。

在日達が祖国へ強制徴兵される日が、一日千秋の思いで待ち遠しい。 日本人はやっと内部から侵略されていることに気が付いたばかりだが、韓国本国が手を打ってくれるのだから、満面の笑みで協力してあげないといけない。

徴兵された在日は、本国人から戦争や徴兵から逃亡して、日本で贅沢な暮らしをしてきたと本国人は考えてるようなので、鍛えなおしてくれるでしょうから、在日さんたちもきっと将来は感謝すると思うだろう。

とにかく、一日も早く日本を日本人の手に取り戻さなければならない。

日本を取り戻すと宣言して首相になった阿部さんだ。

有限実行して欲しい。

私は朝鮮人に対してここまで怒っている。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...