両建アナリスト: 金銀投資作戦参謀本部T・U

2013年09月15日

両建アナリスト

誰とは書けないが、1200$を割れた時に、まだダウントレンドと分析したすぐ後で、急騰した事があった。 皮肉を交えて書いた訳だが、記録に残っては困る!という事でご注進した人がいたようだ。

「プロが分析予測を外した!」というのは、確かに恥ずかしいことかもしれんが、指摘されたからと言って手を回すのもどうかと思う。 分析記事を公開してるし、阿修羅ブログにも転載されてるからね。

勿論、勝手にそう想像しただけだが。

そんなことを考えていたら、案の定両建だ。

まあ、確かに思考を強要もできないし、その権利もないが、Kanjiに言わせれば、「プロ」でしょ?

プロというのは、アマチュアにできないことができるから金が貰えると考えている。

勿論、これはKanjiの思考ではこうなるという考えなのであるが、少なくとも世間にも理解はして貰えると思う。

某顧客:上がる可能性が高いの? 下がる可能性が高いの? どっちを買ったら、儲かるの?

アナリスト・セールスマン:上がれる可能性も有るし、下がる可能性もあります。 両建で行きましょう。

某顧客:それじゃ儲からないじゃない。 手数料だけ損するじゃない。

アナリスト・セールスマン:上がっても下がっても、当方は儲かりますから、構いません。 
      (往復ビンタでたっぷりと儲けられるぞ)


普通、「プロの分野」ではちゃんとできて当たり前。 

仕事の成果が目に見える形で残っていないと、評価のしようもないだろう。

1200$割れで、更に下落する分析をその後でも否定していないから、今後も金はダウントレンドだろう。

Kanjiは万一、1200$割れが再び起こっても、すぐに値を戻し再上昇、急騰と言ってよいトレンドに入ると分析している。

決して両建はしない。

これが、プロとの差かもしれない。

来年には偽物と本物の差がはっきりしていると、勝手に考えている。
posted by kanji at 01:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 著者の独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...