“To be, or not to be , that is the question": 金銀投資作戦参謀本部T・U

2013年08月10日

“To be, or not to be , that is the question"

コーヒーブレイクを入れたい。

Kanjiのブログ読者は、今回は少しは違うと感じてきているかもしれない。

以前は、英訳(日本語訳)を気が向いたらやる程度で、殆どやってこなかった。

エリック・スプロットやジム・ロジャース、ジェームス・ターク等の有名な投資家の発言やブログを読んで、自分自身が大体理解していれば不便は感じなかった。

金銀の世界において、アメリカ(ヨーロッパではない)の著名投資家の動向を掴んでいれば問題なかったわけである。

それが、Kanjiのブログで日本語で一部であるが紹介するようになって、Kanji自身も人様に見せるのだからと少し気を付けて訳文を行わなければとこれまで頑張ってきた。

少し休憩が欲しい。

過去から現在まで、そのアメリカの著名投資家の発言を追っているが、最近になって以前とは雰囲気が異なってきたように感じている。

巨大地震にもその前兆や予兆が在ると云う。

どうにもその予感がしてならない。

しかし、早打ちの実績が豊富なKanji故に、自分自身で“俺が騒ぐんだからまだ早いんだろう・・・”と言い聞かせている。

それでもどうも違う感じがしてならない。

記録として残しておきたい。
posted by kanji at 02:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 恐慌・バブル崩壊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...