Gold Lease Rate 急騰: 金銀投資作戦参謀本部T・U

2013年07月12日

Gold Lease Rate 急騰

金リースレイトが急騰している。

やれやれ、やっと買い戻しの巻き直しが始まるのか?

20130712goldleaserateshort.jpg
short term
12ヶ月モノで0.6

20130712goldleaserate1.jpg
Long term
リーマンショック時は3.0まで逝ってますね

現物の手当てが間に合わなくなってきたか?

.......................................................................................................

金リースレートがリーマン後の最高値を更新 〜金価格の反転リスク〜

2013年7月10日

金(ゴールド)を貸し借りする際の金利となる金リースレートが急伸している。期間が1ヶ月物の金リースレートの場合だと、6月末時点では0.125%だったのが、7月9日時点では0.299%まで上昇しており、2008年12月以来で最高に達している。金リースレートは11年12月をボトムに緩やかな上昇トレンドを形成しているが、7月に入ってからややパニック的な上昇圧力が見られることに注意が必要である。

金リースレートが急伸している背景であるが、筆頭に挙げるべきは投資家・投機家が金市場における「買い手」から「売り手」に転換していることだろう。

金リース市場は、各国中央銀行や金融機関が貸し手、鉱山会社やブリオンバンクが借り手となっており、鉱山会社やブリオンバンクは低利で金を借り入れて、それを市場で売却することで資金を調達するオペレーションを行っている。

特にここ数年は金融機関が大量の金を保有する傾向が強くなっていたため、保有しているだけでは金利・配当を生まない金をリース市場で貸し出す動きが活発化した結果、短期物を中心にリース市場での供給がだぶつき、リースレートがマイナス化する異常な状態に陥った。(そしてその結果は現物にプレミアムが付く状況を惹起した)

しかし、今年は米金融緩和政策の出口を見据えて金価格の急落傾向が加速する中、投資家は金を持たない選択に傾きつつある。その象徴となるのが、金上場投資信託(ETF)市場における大量の換金売り圧力である。こうした投資家の金保有から金売却への動きが加速している結果、リース市場では貸し手不足の状態となり、一種のスクィーズ的な状況に陥っていることが、リースレートの急伸を招いている可能性が高い。短期的には投資家の金離れが進む動きと連動して、金リースレートに対して更に上昇圧力が強まる展開も想定しておく必要があると考えている。


.......................................................................................................

今後、金はこの分析の通りに、ETFや銀行の売りで金は下落していくのか?

高みの見物といきましょう。
posted by kanji at 13:47| Comment(6) | TrackBack(0) | Gold Lease Rates | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 金で燃え上がっていた人々がしゅんとしていますね。
金融危機だから、金だという単純なものではないことがわかったという事です。
 鍵はやはりそれぞれの国の国債金利と、為替でしょう。 
 我が国は早ければ2014年の暮には財政破綻で、増税によって何とかなるものではないとおもう。
 それを見て、金保持かなあです。
Posted by kenji at 2013年07月12日 22:26
真坊さん

ジパングを買おう若しくは買ってもいいんじゃない?コメントは遠慮してください。 過去にジパングを買って儲かった結果が出てれば可ですが、そうではありませんので、私のブログの書き込みを読んでうっかり買う人が出て、変に恨みを買いたくありません。

kenjiさん

kenjiさんのジパング株、残念ながら紙くずになるでしょう。
Posted by Kanji at 2013年07月13日 01:42
そうですね。紙くずになりましたね。ただ彼は株が暴落するといって、ソレヲ元に株売りをして、大損をしています。ここが微妙なところです。
Posted by kenji at 2013年07月14日 23:42
不可抗力を装い、強制的に現金化させるためのシナリオだった可能性もありますよ。
Posted by Kanji at 2013年07月15日 10:05
内実はまったくわかりません。いろいろ調べると仲間喧嘩もしていますね。それらは事後に知ったことです。
 その可能性もありますね。彼の資産内容が不明です。
株屋から事業経営者への転換ですから、授業料がひつようですから、ソレヲ払いきれるかでした。
 つぶれればしかたがないですよ。先日上場廃止になってから三日ほどたって、証券会社からでんわがありました。<この場合株券はどうなるのか> 、<さあ。どうされるんですか><いや、まあ捨てておくよ。株券がどうなるか知らせてほしい><それでは調べて、連絡します>
でした。
 この上場方法は過去に同じような事をした会社はあるのか?
 肇から上場審査を求めたら、どのような判定が出たのか?
幹事証券会社の名前が出ていない。などいろいろあると思うが、蚊帳の外でしょう。
 アレだけ株が下がる下がるといわれれば証券会社も<この野郎>と思うのではと思っていました。
 ゴジラさんのところでも投稿しましたが
1)金価格の上昇
2)金探査資金の獲得と探査計画の進行
3)探査結果有望な金鉱脈の発見
4)その金採掘が採算に合うか
5)石油価格の下落
大体以上でしょう。3)にかけました。最初はことなっていましたが3)の視点でしました。途中一回売ればよかったですが、<夢と希望とサムマネー>でやめました。
詐欺にあいやすい、だまされやすい体質を持っています。
それでいいと思っています。
Posted by kenji at 2013年07月15日 21:16
失礼
<夢と勇気とサムマネー>でした。
読み返して、あれと思いました。今の日本は勇気が必要な世界です.あらゆる領域において。
 
Posted by kenji at 2013年07月16日 06:43
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...