「朋あり遠方より来る、また楽しからずや」: 金銀投資作戦参謀本部T・U

2013年07月11日

「朋あり遠方より来る、また楽しからずや」

―孔子―

人生の最高の楽しみの一つは、親友とともに酒をくみかわし、歓談することであるということ


金が急伸する中、潟Wパングが上場廃止になることが決定した。

社長の松藤民輔氏は所謂、「恐慌本」を多数書いていたことでも知られる。⇒松藤民輔著作一覧

その多くが中古本で1円になってしまっているのが分かると思う。

残念ながら、これが世間の評価である。

休憩室ブログで既に書いて時間差でUpするように設定しているので、その内に出てくると思うが、世界経済より先に自分の会社が恐慌状態に陥ってしまった。

「朋あり近所より来る」

金儲け本をたくさん出してきたが、夢と狂気とフェイクマネーの人物だったと思う。

旧ブログもぜひ読んで欲しい。  これまでに至る経緯が詳細に書かれている。

金の大上昇に気が付いたKanjiが未だに元本回復さえできていないのは、2002年にこの会社に余りにも多額の投資をしたからである。 ジパングの存在を知らなければ、どれだけ儲かったことか。 何度悔やんだことか。

20130711ジパング
金急騰中にも拘わらず、ストップ安を続ける株価

この後の展開は想像できます。

上場廃止後、暫くほとぼりが冷めてから倒産を辿ると分析します。 そして海外へ逃亡。

やっぱり海軍伝統の帽振れで見送って差し上げましょうか・・・。
この記事へのコメント
やっこさんから
引っ越しレターがきたねぇ
最後はリサちゃんとかいう、占いというかシャーマンというかのお方のお話・・・ そういや、よくレターにも占いとかシャーマン出てきましたな
あと銭のお話・・・

ま、ナンじゅーねんも予測当たり続けるお方は神様よ

上場廃止まで現在の戦線が好調であるならば記念に株買い置きしてみっかねぇ
Posted by 真坊 at 2013年07月12日 09:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック