グローバル資本主義代表の終わりの始まり: 金銀投資作戦参謀本部T・U

2013年06月14日

グローバル資本主義代表の終わりの始まり

昨日、一社で韓国株式市場時価総額の20%を占めると云うサムスン電子が暴落した。

グローバル資本主義を代表する企業、内需ではなく外需で生きている企業の顔。

グローバル資本主義に植民企業とされた配当の60%以上を海外に払っている企業の株価暴落。

20130614サムスン
株価は韓国市場の指数です

本ブログにも度々登場させてもらっている、マカ男さんは韓国と深いつながりがある会社社長だけに少し心配しております。

いよいよ、今度こそ狼はやってくるのか?

混沌の時代へのファンファーレか。

Kanjiも褌をしっかり締めて覚悟せねば。
posted by kanji at 02:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 恐慌・バブル崩壊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック