2013年の金融崩壊は大恐慌より酷い: 金銀投資作戦参謀本部T・U

2013年05月04日

2013年の金融崩壊は大恐慌より酷い

紙幣の洪水に埋もれた中で、国債が暴落したらその他の商品はどうなるんだろう?

金銀でさえも暴落した。

国債が暴落すると云う事はその国の通貨が暴落すると云うことだ。

もし米国債が暴落した時には、米ドルが暴落するというだけではなくて他の国の通貨も次々にドミノ倒しのように暴落していくと云うことだ。

円だって無事では済まされない。

少し古い記事だが紹介しておきたい。


2013年の金融崩壊は大恐慌より酷い

 トレンド予想を行うトレンズ・リサーチ社の有名なジェラルド・セレンテは、前の財務省の高官の著書を引用し、国債は大規模なバブル状態にあり2013年には破裂し、かつてみたこともないような金融崩壊に至ると警告している。

彼は最近、このことについてキング・ワールド・ニュースでのインタビューで語っている。

この記述はレーガン時代の財務次官補だったポール・クレイグ・ロバーツが書いていることだ。

彼は、国債バブルは破裂する寸前だと考えている。これはこのまま継続するわけにはいかないものだ。誰もがこの一切のゲームはいかさまだと知っているので、なるようになるだけだ・・・

この一切のゲームは詐欺だ、破綻する。そしてポール・クレイグ・ロバーツは2013年に国債バブルが破裂し『ボンド・アウェイ』となり、大恐慌より酷い状況をもたらすと考えている。

全世界はこのインチキ国債によって支えられているのであり、それが破裂する。それは起きるはずだ。国債が破裂すれば金利は上昇するだろう。金利をゼロにさせておくことは出来ない、災厄が起きるのを見るしかないだろう
 
★ 最近の金価格(ドル建て)の急落についてセレンテは金属市場は操作されている、と考えているという。

ソース:2012年12月23日 Business Insider

posted by kanji at 09:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 金銀現物・ETF・先物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック