金銀投資家にはあまり関係ない?: 金銀投資作戦参謀本部戦闘記録書庫

2013年04月28日

金銀投資家にはあまり関係ない?



橘 玲の最新刊「日本の国家破産に備える資産防衛マニュアル」を読んだ。

金銀投資家でなくても、「海外投資」についての彼の名前は結構知られている。

アベノミクスが失敗した日本の姿をシュミレーションした本だ。

主人公が銀行家から不動産営業マンに転職して、5,000円のビール(ハイパーインフレで)を飲み、帰りの東京駅では、街娼や子連れの乞食に出迎えられる。

外務事務次官の妻がレジ打ち、娘がキャバクラでアルバイトだという。

読み物語としては面白かった。

Kanjiが予測する未来とはだいぶ異なる物語だ。

しかし、ユニクロの柳井会長が100万円の給料でも仕方がないと既に近未来のロクデモナイ様相の一部が垣間見れる。

現在の処、一番の資産防衛は「普通預金」だと彼は言う。

最近だいぶ虐殺されたが、Kanjiはコガネムシ(コガネモチではない)という学術名を与えられた、ムシの一種であるから普通預金が一番の資産防衛策だとはとても思えない。

これまで彼の本をほとんど渉猟しているが、彼は外国株投資で大失敗したことを自身の著書の中で述べている。

その彼が海外投資本否、資産防衛本を書いて儲けているのである。

皮肉を言っているように聞こえるかもしれないが、皮肉ではない。

だからこそ、「普通預金」が一番の資産防衛策なのかもしれない。

投資で儲ける損なった彼が投資本で儲けている。

現実を認識して本業に精を出すのが一番の資産防衛策だろう。

Kanjiも「金現物預金」のみにしておけば、普通預金とは比べ物にならないくらい儲かった。

「金」そのものに対する見通しは、Kanjiは外していない。

今後金が更に暴落しなければの話ではあるが。


posted by kanji at 09:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 推薦図書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。