松藤氏のブログ: 金銀投資作戦参謀本部T・U

2013年04月27日

松藤氏のブログ

「フォオオオオ・・・!」

「クロス・アウッ!」

・・・変態仮面の余韻が残ってました。



金銀が再び上昇に転じている。

コガネムシ達には有名人であろうが、最近真...いや...松藤氏のブログが面白い。

有料会員ではないので、冒頭の文章だけしか読めないのであるが。

サイクル

サイクルがあることを信じる僕の結論は早い。円ドルが16年周期の3度目のドル高にトレンドしていることを強く信じる。そしてNY株と金価格が相反して動いていることが、1982年のNY訪問時から僕のテーマである。経済学が破綻しているだろうことも。政治家は経済学の理論の失敗より自分の資産運用。全世界の国でマトモな経済は何処にもない、介入による株価上昇だけである。

ソース:松藤民輔の部屋4月25日記事より

先日、

―世界は変態である―

と狂ったとしか思えないような記事を書いたが、世界で、少なくとも先進国でマトモな経済はどう考えてもない。

その変態な世界で金があれほど暴落する筈がないのに暴落した。

それでKanjiの文章も少々狂ったという訳である。

時々松藤氏のことを皮肉交じりで書いてきたが、何度も言うように評価するところは評価する。

それがたとえ富永恭次であってもだ。

100%予想を当てた人間なんていない。

それは全く不可能なことであるからだ。

私が石原莞爾を「千年に一度の天才」と評価するのも、彼の予測の殆どが見事なまでに的中したからだ。

石原莞爾を学者は引用しない。 いや引用できないのである。

奇しくもかわぐちかいじの人気漫画だった「ジパング」でも草加拓海に、「予言者としては超一流」と呼ばせている。

あの大天才・石原莞爾に今のこの狂った世界の近未来を予言してもらいたい。

彼にしか恐らく読み切れないだろう。

胴元の世界皇帝ロスチャイルドを除けば。
この記事へのコメント
政府の介入が続くし、紙幣は増刷されているわけだから、自然に全ての物価はあがっていく。つまり、紙幣以外の実物資産は上がるというのが普通のよみ。

でも金はコモディティの全ての指標になりうるので、金を下落させることは、政府にとって都合のよいことでしょう。これは目くらまし。

一方資源系でも石油・天然ガスなどはシェール革命により下落しているので、実需・供給に即した動き。

なので、個人的には金は下落したとしても、紙幣に対して価値基調そのものは上昇継続なので、金をHoldするヒトは全く心配する必要はないでしょう。
Posted by aa at 2013年04月28日 02:23
aaさん

全く心配する必要はありませんよ。 時間がかかっても必ず勝利しますから。
Posted by Kanji at 2013年04月30日 23:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック