嵌めこみ詐欺師グループの金下落予想撤回: 金銀投資作戦参謀本部T・U

2013年04月27日

嵌めこみ詐欺師グループの金下落予想撤回

15日にまんまと、GSの事前予想通りに金を大暴落させたものの、大量の金買注文にスクイーズされる危険性を感じているのだろう。

詐欺師グループが金下落の予想を撤回してきた。

米ゴールドマン・サックス・グループは、商品相場の「短期」予想を引き下げた。中国と欧州での需要低迷を理由に挙げている。ゴールドマンはまた、金相場の下落予想を撤回した。

23日付のリポートによれば、ゴールドマンは商品24銘柄で構成するS&P・GSCI指数の向こう3カ月および12カ月のリターン予想を2.5%に引き下げた。従来は3カ月予想が6%、12カ月予想は3%だった。また商品相場の短期見通しを「ニュートラル(中立)」とし、従来の「オーバーウエート」から下方修正した。金については下落予想を撤回し、10%上昇する可能性があると説明。一方で価格は一段と下げる可能性があるとも指摘した。(なんだそれ?!オイオイ両建かい?)

同行のアナリスト、サマンサ・ダート氏はリポートで「商品のリターンは4月に入りこれまで急激に落ち込んでいる。欧米や中国のマクロ経済指標が予想を下回り、世界の経済成長をめぐる懸念が強まったためだ」と指摘。「市場でのネガティブな地合いは、特に循環的な商品相場に重しとなっている」と続けた。
ソース:ブルームバーグ4月23日付記事


このGSの分析から金未来予測を分析すると、もう一度下落させるかもしれないという意思を感じる。

しかし、コガネムシ達が陰気な顔でなくなる日もそう遠くないかもしれない。
posted by kanji at 00:03| Comment(2) | TrackBack(0) | 金銀現物・ETF・先物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
金の下落っていっても、結局、円ベースでみると10パーセント以内の損失しか受けていない。

この程度の損失なら安心してみられますね。一方で総資産の10パーセント以上組み入れる気にはならない。

だから今のところ簿価ベース29百万が最大のところ。後6百万までが限界。10パーセントの損失は10パーセントの割合だと総資産に与える割合は1パーセントにしかならない。

金関連を総資産の50パーセントとかだとそれは投資なのかよく分からない。
Posted by aa at 2013年04月27日 08:37
実にうらやむ投資資産ですね。

それで10%とは…。 ため息しか出ません。
Posted by Kanji at 2013年04月27日 10:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック