所謂"エコノミスト"による金銀予測 2: 金銀投資作戦参謀本部戦闘記録書庫

2013年03月20日

所謂"エコノミスト"による金銀予測 2

所謂"金投資本"でやっと1980年の6,495円を更新するという予測が出てきた。

朝倉慶の最新刊『株バブル勃発、円は大暴落』で金は1980年の6,495円を更新すると書いてきた。

この朝倉慶の予測の的中率を過去の彼の予測から割り出すと、50%の的中率である。

こんな本も出していた。 『2012年、日本経済は大崩壊する!

大暴落どころか大暴騰である。 しかし、この朝倉何某、投資アドバイザーで高給を得ているらしい。 

エコノミストというのは仕事の成果を必ずしも問われないで済む数少ない職業である。 羨ましさ半面・・・。

読者の皆さんでエコノミストの本を過去から遡ってその的中率まで検証している人は少ないだろう。

過去に天然ガスの暴騰を断言したが、逆に暴落して天然ガスではKanjiも痛い目に遭った。

それ以来、Kanjiは朝倉何某だろうが、松藤何某だろうが、鬼の一徹、金銀一本に絞っている。

一刻も早く不動産にシフトしたい。

今は、宮崎 『世界は金本位制に向かっている (扶桑社新書)』を読んでいる。

金銀関連本を読み漁ってきたKanjiにとっては目新しい事は書いていない。 想定の範囲内なのだが、Kanjiも金銀本位制、少なくとも実物資産の世の中に向かって世界は確実に進んでいることに疑いを全く持っていない。

Kanjiの昔からの読者さんなら既知のことであろう。

金銀投資本を買う前に過去の的中率の検証を各自してみることをお奨めしたい。


この記事へのコメント
今、預金とか国債とかが安全といえる時代ではないですね。そういう意味で不動産とか株が上がって当然かも。株は信用で左右されるので一喜一憂するけれど、不動産は一番手堅い資産かもしれませんね。
Posted by aa at 2013年03月23日 14:34
福島を見てもそう思えますか?
Posted by Kanji at 2013年03月30日 03:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。