日本国政府に告ぐ!: 金銀投資作戦参謀本部戦闘記録書庫

2012年01月12日

日本国政府に告ぐ!

最近、日本国家が国民の血税をドブに捨てているようなマネをしているのに我慢がならない。
円高阻止のための米国債購入、EFSF債、韓国との通貨スワップ、中国国債の購入等々…。 高級官僚よ! 旧通産省のあの見事な産業政策を推進した官僚達よ!もうちょっとなんとかしてくれよお願いだから! 筋違いなのは重々承知でこんなことを言っている。 地頭が悪い上に勉強もしない政治家に絶望してこんなことを書いています。

日本は国家として、アメリカからGoldの購入を許してもらえないのは重々承知だ。 であれば、REITなんかに国富をつぎ込むのでなく、日々価値が棄損していく米ドルで中国のように資源を買いに行ってくれ!

それも許してもらえないかもしれない。 であれば三菱商事、三井物産、住友商事や住友金属鉱山、三菱マテリアルの株を国家が買って、民間名義で金銀鉱山、石油・天然ガス資源、農地を買いに走らせろ! 廻り回って国富となるのだから。

国民が選ぶ政治家なんかお馬鹿なのはもう重々承知している。 明治維新以来、下級エリートがこの国を支えて生きたのだから、頼むよ!お願いいだから。

角栄の再来、望むべくもない。 どうかエリートの気概をもって、ノブレスオブリージを真に願います!


posted by kanji at 02:02| Comment(9) | TrackBack(0) | 著者の独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
僕は商社の内情をよく知っています。2006年、趣味で油田や鉱山に投資していますといったら同僚や上司に理解してもらえませんでした。当時のアメリカ支社長に直接会い、原油・鉱山を買いまくるよう直訴しましたが、一笑に付されました。ダメですよkanjiさん、彼らは終わってます。
Posted by Zenji at 2012年01月12日 02:59
小生在籍時に始めたプロジェクトは、大半が上司の反対や無理解で没になりました。主張が通ったものは現在、全て有望なビジネスに化け、数十倍のリターンを生んでいます。4年前に独立した今、これらは私に理解を示さなかった連中の実績としてされています。
Posted by Zenji at 2012年01月12日 03:05
私の前職は零細商社。私が企画したものの周りの理解、支援が得られず日陰で細々続けたビジネスを買い取って独立。それなりの形になりました。ちなみに、前職の商社は・・・終わりました。恐慌が来たら・・・私も終わりそうです。
ちなみに旧通産省の産業政策、そんなに良かったのでしょうか。民間に任せておけば、日本はもっと発展していた、という声もありますが。
Posted by マカ男 at 2012年01月12日 08:43
 kenjiも市職員と話したことがあるが、話を聞いて、ぽかんとしたことを覚えている。
彼等は何かが狂っている。そうとしか思えない。
 彼等はエイリアンと思ったほうがいいです。
わが国は自滅ですね。
 一例を挙げれば公務員給与を労使双方の協議で「決めるといいますが、公務員の給料は税金だから、それを納めている人の意向がものを言う。たとえば「社会保障などやめましょうといえば、それに従事している公務員は無条件で首が切られる。
 所が労使という。自治労が労働組合と詐称しているわけだが、ことは銭のでどころが、ものをいうから、労使とはいえない。
 従って、彼等の労働理論から言えば自治労は存在しえないが、あるから、虚構によっている。酔う奴は当人だけにしておけばいいが、違うからこまる。
 本来労使という状態で給料が払われているなら、その実質の姿現れるだけであるから、問題は無いが、無いものをあるかのように、しているから、無理である。
 詐欺とも違う。詐欺は正確な姿を知って、偽ることだが、彼等は違う。
 この手のことが市役所にあったために、彼等は芝居をしているのだろうかと思うことがしばしばあった。
 とにかく何かが狂っている、こんな奴とは付き合うものではない。まだ詐欺師のほうが付き合えると思った。

 今問題になっていることは債務だが債務は債権のことだから、海外債権が多いわが国は不利だと思うが(棒引があり、それを回収するには軍事力が必要)どうも、そのようには考えていない。預金、債券を介して、つながっているから、誰が考えても預金、債権がパーになるしか解決の方法が無い。返せないということはそれを意味する。イタリアの土地をわが国が得ても何も使えない。
 どうするつもりでしょうかねえ。
負債性の経済の意味が分かっている人は少ない。それは預金、または積み立て金とは何かが分かることでもあり、銀行の役目は何かが分かることである。
 世界はデフレへとすすむ。その中で価格が上昇するものは何かを判断して、それを買うしか道は無い。
 そのものは少ない。従ってエベントがおきることを予測をして、待ち伏せるしか手は無いとkenjiは見ている。現金ポジを増やすことである。
 本当の博打になりました。
Posted by kenji at 2012年01月12日 13:02
返答遅れてすいません。 昨日は飲みで更新する時間がありませんでした。

Zenjiさん
商社はあくまでビークルでいいんです。 会社員はそんなもんですよね。

マカ男さん
軽工業から重工業へ産業転換がうまく計れたのは通産官僚のおかげですよ。 乳幼児のような国内自動車産業を筋肉マンのような米国自動車産業の参入を許さずに育て上げたのは見事としかいいようがありません。

Kenjiさん
私が言う高級官僚は、中枢の官僚達です。 エリートのことですよ。
Posted by Kanji at 2012年01月13日 20:18
高橋洋一著「財務省が隠す650兆円・・・」に、「「高度成長期は通産省がつくった」の嘘」という話がありますが。竹内一橋大学教授の研究によると、「日本の二〇の成功産業に関して研究した結果、政府の果たした役割は皆無だ」そうです。
Kanjiさん、官僚ネタはやめたほうがいいですよ。普段温厚な私まで性格が変りますから。(笑)
Posted by マカ男 at 2012年01月15日 15:44
あれ?時間差で自動車産業についても書いていたのですが…。 マカ男さんは官僚をお嫌いのようですね(笑)。 アメリカに完膚なきまでに産業を破壊された後で、まだ幼児のごとき産業(自動車産業に代表される)を育てる政策を取ったのは官僚だと私は考えていますが違うのでしょうか? 私は石原莞爾-宮崎正義-戦後官僚と繋げて評価していましたが、今度その本も読んでみますね。 
Posted by Kanji at 2012年01月15日 15:59
社保庁のデタラメさで火がつきました。高橋洋一や古賀茂明の本で内情を知ると怒るしかないです。確かに官僚の貢献皆無というのはおかしいとは思いますが、アメリカの防壁の役に留まっておくべきだったのではないかと。川崎製鉄の件もそうですし。私は難しいことはわかりませんが、そんな気がします。
Posted by マカ男 at 2012年01月15日 18:01
社保庁や害務省の役人どもは給料泥棒です。 全面的に同意しますが、同時にアホな政治家を当選させ続ける日本人民は自己批判をしなければいけないと思ってます。
Posted by Kanji at 2012年01月16日 21:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。