金銀投資作戦参謀本部戦闘記録書庫

2013年09月08日

フルチン・エコノミスト達

新聞や経済誌に出る、金分析は相変わらず両建てで文章を終えている。

両建だったら、絶対に外れない。

これで飯を食えるのは、株や為替、それに商品先物のエコノミスト及び株・商品の分析者ではなく販売者(セールスマン)だけだろう。

ある料理屋に入った。

店主は今日はこれがお薦めですと言うので、言う通りの料理を注文した。

料理と共に、正露丸出されてきた。

「何これ?」

「いやね、ウチのお薦め料理は間違いないんだが、万が一お客さんが腹を壊したらいけないんで、その時の為にね」

そんなこと言われて、食欲が無くなってしまったが、料理が出て来たので食べた。

案の定、猛烈な食当たりを起こす。

「なんでこんなモノ出したんだ!」

苦しみながらあなたは文句を言う。 

「高い料理なのに! あんたプロだろ?!」

「お客さん、だから言ったじゃないですか、ちゃんと正露丸も出しておいたでしょ?!」

「最初から腹を壊さないモノを出してくれ!」

あなたはこう文句を言わないだろうか?

未来予測の分野においては、100%当たるものではないだろう。 しかしその確率が50%を切ったら、丁半博打の確立を下回るということである。

少なくとも60%は当たっていなければ、金を貰える資格はないだろう。

日本だけではないのかもしれないが、Kanjiは両建で文章を終えているエコノミストを「皮被りエコノミスト」若しくは「フルチン・エコノミスト」と考えている。


posted by kanji at 17:12| Comment(3) | TrackBack(0) | 著者の独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

金銀ETFから完全撤退完了宣言

旧ブログもちゃんと読んでくれている読者には通知しておく。

もう完全に金現物在庫が枯渇しそうである。

エリック・スプロットはComexが現物受け渡しに、もうすぐ失敗するだろうと話している。

その時、"紙の金銀"の扱いがどうなるかは全くの不明である。

水面下では密かに話し合われているのであろう。

投資で一番重要なのは元本を失わないことである。

その大切な元本がどうなるか分からないような投資商品は、Kanjiにすれば論外だ。

という訳で、金銀ETFの2度目の若干の損失を生じる戦略的撤退を既に完了した。

計算したら僅か1%の損失である。

その間、もっと収益を上げられたから全く問題はない。

金銀鉱山株で儲けるほどの知識と経験がないのであれば、絶対に現物で保有すべきである。

余裕を持って、前もって行動しておこう。
posted by kanji at 14:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 金銀現物・ETF・先物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。