金銀投資作戦参謀本部戦闘記録書庫

2013年09月04日

日経新聞では「金は下落する」論調

今日の日経に、「金は下落する」論調で記事が出ていた。

金の下落に賭ける人が増えているという。

前にも商品先物会社の偉いポジションであろうと思われる人が金下落の可能性が高い論調で記事を書いていた。

しかし、新聞記事でも商品分析の記事でも最後の最後で、両建記事つまり金が上がる可能性を残して文章を締めくくる。

つまり逃げを必ず打っておくのだ。

これは彼らの保険である。

しかし、Kanjiに言わせればこんなにずるいことはない。

プロではないのか? 商品分析の? 立場を明確にできない者の分析なんて誰が信じるのか? というより買うのだろう?

金否定派及び金弱気派は思ったより多い。

金否定派は、海外投資分野で有名になった、橘玲もそうである。

Kanjiが言いたいのは、誰が弱気で誰が強気だったのか、現時点で記憶せよ!ということだ。

来年末までには、誰がパンツを脱いで泳いでいたか、はっきりするだろう。

当然Kanjiはゴールド・パンツ着用だ。

しかし、これはKanjiにしか見えないパンツかもしれない。 裸の王様のように。

少なくとも、誰がフルチンだったか来年中にははっきりしている。


posted by kanji at 18:15| Comment(5) | TrackBack(0) | 著者の独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。