金銀投資作戦参謀本部戦闘記録書庫

2013年09月02日

あちこちに記事が飛んでるのを謝す

ここに気が付いた読者の方は、記事があちこちに飛んで読み辛いニダ!と言われるかもしれない。

そうなんですよ、それはKanjiも分かっている。

ちょうど、ブログの引っ越しを検討していたタイミングで色々と諸事情が重なって現在混迷中だ。 

引っ越し先のseasaaは、ひとつのアドレスでブログを複数管理ができるというメンテナンスのし易さから考えて、引っ越してみたものの、思ったよりブログ管理に苦戦をしている最中である。

まあ、それでもやっと慣れてきたものの、高齢の方から引っ越し先は字が小さくて読み辛いとの評価を頂いた。

う〜ん...と言われても、また元に戻すのにも非常に手間が掛かるし...それに何時間も苦闘した努力が無駄になるのも癪だし...ということで、暫く混迷が続く。

わかっちゃいるんだ。

しかし、ご容赦ください。

そうそう、作戦参謀の分析ではもう少しで金買い戻しのタイミングが来ると判断ス。


posted by kanji at 19:06| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

地獄の釜の蓋が開いた

欧米では「パンドラの箱が開いた」という言い方をする。

しかし、日本では「地獄の釜の蓋が開いた」という言い方だ。

無邪気なパンドラが箱を開いたのに比べ、地獄の釜の蓋を開く主人公が不在だ。

一体、地獄の釜の蓋を開いたのは誰なのか? それは巧妙に隠れて表には決して出てこない。

パンドラの箱が開いても最後には「希望」が残されていたのだが、地獄の釜の方は開いたら開けっ放しで後には、希望も出てこない気がする。

いや、「希望」の代わりに「絶望」が残されるかもしれない。

地獄の釜には。

そこに救いは無いのである。
posted by kanji at 15:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 恐慌・バブル崩壊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。