金銀投資作戦参謀本部戦闘記録書庫

2013年08月18日

某商品アナリストの分析

これまで何度か金終わった派の見解を紹介してきた。 直近でも弱気見通しを立てた後、不思議な事にプロの予測を裏切り上昇を続けている。

今後も上昇は止まることはない。 

インドが尋常ではない事態に陥っている。 通貨ルピーが崩壊寸前だ。


下記のリンク先を読んで確認して欲しい。

リンク先⇒「4〜6月期の世界金需要は4年ぶりの低水準に 〜価格低下で現物投資、宝飾需要は拡大するも〜 2013年8月17日
※記事修正済み。 文章の全文転載は止め、リンク先で確認できるようにしました。

全文掲載は止めることにし、文章中で矛盾すると思われる箇所について、Kanjiの所見を追加し、正しいかどうかの判断は読者に任せたい。

............................................................................................


>ETF関連投資は09年に過去最高となる617.1トンを記録していたが、その後は伸び悩み傾向が顕著になっており、11年185.1トン、12年279.1トンと、需要拡大ペースが急速に減速していた。それでも売り越しとなったのは07年4〜6月期や11年1〜3月期などの一時的な動きに留まっていたが、今年は上期のみで累計578.7トンもの売却量を記録しており、金需要の低迷を決定付ける要因になっている。

>WGCは「プロ投資家がETFのポジションを手仕舞う一方、アジアや中東市場の投資家がバーやコインなどの形で金を吸収している」と解説している。確かに、バーやコインなどの金現物投資に関しては前年同期比+78%の507.6トンに達しており、今年に入ってからの価格急落を絶好の買い場と評価している向きも多いことが窺える。これは2006年や07年の年間需要を上回る規模であり、1〜3月期の405.6トンに続いて脅威的な規模の需要が発生していることは明らかである(驚異的な規模の需要が発生していてなぜ? しかし金ETFから本当に供給があると信じているのであれば理解できる。)

>地域別では、インドが前年同期比+116%の122.0トン、中国が+157%の122.9トン、中東が+66%の11.6トンなどとなっており、特に金消費国の首位と2位の座を争っているインドと中国が積極的に安値を買い拾っていると言えよう。

>ただ、金ETF市場からの現物供給圧力をすべて吸収できるような規模には達しておらず、現物とETFを合計した投資需要全体では、前年同期の285.9トンを63%下回る僅か105.4トンに留まっている。上期累計だと334.5トンになるが、前年同期は683.8トンであり、投資需要の分野のみで既に349.3トンもの需給緩和圧力が発生している計算である。

............................................................................................


リンク先の文章の筆者は6/下旬の金底値で金は終わったという趣旨の文章を書いた人物である。 その後、金は急上昇に転じた。

その彼の金価格の見通しについて、今後も追跡していく。


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。