金銀投資作戦参謀本部戦闘記録書庫

2013年08月03日

Getting Rich At A Young Age

若い内に金持ちになること

"Well, I was already pretty focused, I knew I wanted to buy my freedom at a young age because i grew up without much money and I did not like it. So, I wanted to buy my freedom, so I spent most of my time doing what I loved, which was the stock market, the investments markets, I should say. And when you do what you love and spend a lot of time and energy at it, sometimes you are successful." - in a recent interview, when asked about getting rich at a young age

うん、私は、既に相当熱中しましたよ。 私は、多くの金銭なしで大きくなったので、私が若い年齢の内に自由を買いたいことを自分自身知っていましたし、お金がないのが好きではありませんでした。 またあなたが、好きで時間を掛け熱中する場合には時々、成功します。
- 最近のインタビューで、若い年齢で豊富になることについて尋ねられた時



Kanjiも2001年に金が大上昇することに気が付いたのだが、気が付いた時点であまりにも無知で勉強不足だった。 勉強不足なら勉強不足なりに、金現物だけにしておけば、今は既に仕事をしていない。

ジム・ロジャースではないが、私も若い内に自由を手に入れたがったが、未だにもがき苦しんでいる。

まあ、それももう暫くの辛抱だ。

「時は今 雨が下しる 秋月哉」


posted by kanji at 20:39| Comment(2) | TrackBack(0) | ジム・ロジャーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ジパング上場廃止 A

Wikiに書いてあることだけ読んでも、もはや投資に値するような会社であることは考えられない。

カンボジアの地雷原どころではないくらいリスクを感じる。

にも拘わらず、Kanjiのブログにジパング株を買いたい或いは買わせたいようなニュアンスで投稿していた御仁も居たが、もしその言の通りに買っていたら大損していたことが良くわかる。

続きを書いていこう。

..................................................................................................

親会社、系列会社

信用調査会社によると、全てが営業実態の無い、所謂ペーパーカンパニーであるという。 ジパングがジャスダックへ裏口上場した時点で、親会社ブルパレスは6億円超の債務超過であったが、 裏口と言う形であれジパングが上場企業に化けた事により、自身の債務返済およびジパングへの資金提供を、保有ジパング株の売却、現金化する事により可能としている。 また、売却により減少した持ち株は、新株発行により回復させている。 松藤氏がジパングの上場を急いだ理由の一つに、多額の債務の穴埋めがあったと言われる。

ブルパレスコーポレーション株式会社
株式会社牛之宮
アムラッシュインベストメント株式会社
株式会社10才サプリ

事業上のリスク

合併等による実質的存続性の喪失に係る猶予期間入り銘柄の指定について
当社は、平成22年1月1日付けにて、当社を存続会社、株式会社ジパング(福岡市中央区)を消滅会社とする吸収合併を行い、同日付けにて商号を「株式会社ジパング・ホールディングス」に変更いたしました。
この事項により、株式会社大阪証券取引所(ジャスダック市場)は、当社株式を、同日付で株券上場廃止基準第2条第1項第8号a(上場会社が実質的な存続会社でないと同取引所が認めた場合)の規定により『「実質的存続性の喪失(不適当な合併等)」の猶予期間入り銘柄』として指定いたしました。当該猶予期間は同日より平成25年3月31日までとされております。
当社は、猶予期間内に株式上場審査基準に準じた審査を受け、早期に当該猶予期間入り銘柄の解除を果たす所存ですが、同基準に適合しない場合は、上場廃止となる可能性があります。

金鉱山会社への投資に係るもの

当社グループは、金鉱山会社もしくは金鉱区を取得するために投資を行っております。
投資先の選定にあたっては、第三者機関による調査が可能な各国の上場会社もしくは上場会社が保有する金鉱山を中心に選定し、将来の企業価値を示す埋蔵鉱量の精査に重点を置いておりますが、金価格の変動等に伴い投資先の業績が悪化した場合には、当社グループの事業、経営成績、財務状態に影響を及ぼす可能性があります。

金価格の変動に係るもの

子会社及び投資先の海外金鉱山会社の業績は、金価格の変動に大きく左右されます。金価格が急激に下落した場合には、子会社や投資先における事業の存続が困難になる可能性があります。また、金価格の下落をヘッジするためにデリバティブ取引を行っている場合は、 金価格が急激に上昇した際に、同デリバティブ取引の契約により多額の損失が生じ、その先の事業の存続が困難になる可能性がある為に、結果的に当社グループの事業、経営成績、財務状態に影響を及ぼす可能性があります。(要するに松藤氏の金価格の予測が外れた時は倒産する可能性があるということ)

事業計画における金価格の想定に係るもの

当社グループの事業計画は、独自の想定金価格を基礎として策定しております。この想定金価格は当社グループの判断であり、将来、実際の金価格と乖離する可能性があります。この場合、事業計画の基礎となる数値が変わることになりますので、当社グループの事業、経営成績、財務状態に影響を及ぼす可能性があります。

特定の法的規制等に係るもの

当社グループの事業展開は、国内外の種々の法的規制を受けておりますので、関連法規の改廃や新たな法的規制の新設、適用基準の変更等が行われた場合、当社グループの業績及び財務状況に影響を及ぼす可能性があります。

為替変動に係るもの

子会社及び投資先の大半が海外であることから、為替リスクを低減するための措置を講じてまいりますが、為替の大幅な変動等が生じた場合には、当社グループの事業、経営成績、財務状態に影響を及ぼす可能性があります。

訴訟等の発生に係るもの

当社の連結子会社である株式会社ジパングエナジーは、平成19年9月21日付にて株式会社計画科学研究所(名古屋市中区)並びに蟹江プロパン株式会社(愛知県海部郡)から、名古屋地方裁判所に訴訟の提起を受けております。これは、平成17年5月18日付けにて締結された廃棄物処理装置の販売に係る売買契約に不履行があったとの一方的な主張による損害として、総額3億24百万円の支払いを求めてきたものであります。
一方、株式会社ジパングエナジーは、平成19年12月25日付けにて、株式会社計画科学研究所等に対し債務不履行(債務遅延及び履行不能)を理由に総額1億90百万円の支払いを求め、名古屋地方裁判所に反訴の提起をしております。
本件は係争中であり、現時点においては結果を予測することは困難でありますが、仮に判決が株式会社ジパングエナジーにとって不利なものとなった場合には、当社グループの事業、経営成績、財務状態に影響を及ぼす可能性があります(韓国サムスンが訴訟を数多く抱えるのと似ている。本質的に問題あり)

天災地変等に係るもの

当社グループでは、事業の特性、取引先との関係、生産、グループ内事業運営、経営資源の有効活用等の点より立地しておりますが、それらの地域に大規模な地震、風水害等の発生による影響を完全に防止できる保証は無く、これら自然災害等による物的、人的損害が甚大である場合には当社グループの事業、経営成績、財務状態に影響を及ぼす可能性があります。

..................................................................................................

リスクの地雷原のような会社であって、普通の投資家なら絶対に買えない株であろう。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。