金銀投資作戦参謀本部T・U

2013年07月25日

Why the Gold Bull Market Isn't Over

金のブルマーケットが終わっていない理由

エリック・スプロットの最近の発言だ。

Recent dramatic declines in gold prices and strong redemptions from physical ETFs (such as the GLD) have been interpreted by the financial press as indicating the end of the gold bull market.  Conversely, our analysis of the supply and demand dynamics underlying the gold market does not support this interpretation.  Many major buyers of gold are adding to their stocks, while at the same time supply is flat or even decreasing, compounding an already vast imbalance.

最近の劇的な金の下落やGLDのような金現物ETFの根強い償還の動きは、金のブルマーケットの終わりと金融誌では解釈されている。 逆に、我々の供給とダイナミックに払底している金の需要は、この解釈をサポートしていません。 多くのメジャーな買い手(インドや中国を指すのだろう)は、ここぞとばかりに買いだめしている。と同時に供給は頭打ちで減少さえしている。 均衡はすでに大きく崩れているのだ。 

Many recent events suggest that the central banks are getting close to the end of their supplies and that the physical market for gold is becoming increasingly tight.

最近の多くの出来事は、中央銀行からの金の現物マーケットへの供給が益々タイトになってきていることを示唆している。
posted by kanji at 19:03| Comment(2) | TrackBack(0) | エリック・スプロット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...