金銀投資作戦参謀本部戦闘記録書庫

2013年06月27日

産出コストを下回り始めた金価格

アメリカはデフレ傾向だと言う。

ジム・ロジャースに言わせれば、インフレになっている。

アメリカの不動産価格は上昇しているのに、金価格だけは暴落と言っていい程下がった。

1,400$/onzが平均産出コストだとすれば、もはや産出コスト以下だ。

掘れば掘るほど、売れば売るほど赤字になる。

今のままでは閉山せざるを得ない金鉱株が続出するだろう。

20130626GDX.jpg
GDX上場以来のMAXチャート

チャートはGDXが上場以来のチャートであるが、リーマンショック時に15辺りまで暴落したのが、現在は23近辺である。

リーマンショック時には金は650$近くまで下落した。

現在はそれでも1250近辺である。

金価格自体は約2倍にもなっているのに、大型金鉱株指数は約1.5倍。

未だ地上に産出されない埋蔵金の評価が反映されていない。

これはやはり、リーマンショック時よりも産出コストの赤字幅が大きいからであろう。

金鉱株は一筋縄ではいかない。


posted by kanji at 11:09| Comment(2) | TrackBack(0) | 金銀現物・ETF・先物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。