金銀投資作戦参謀本部戦闘記録書庫

2013年06月30日

恐慌第一波

松藤氏が『わが友、恐慌──これから日本と日本人の時代が訪れる8つの理由』書いてからずい分と経った。

この間、相変わらず恐慌は訪れず、今やっと襲来しそうである。

しかし、金の平均産出コストが1,400$/onzでは、まさにstruggleの真っ最中であろう。

鍵は金の低迷期間だ。 

それで彼の会社の運命が決まるのではないか?

注視している。

マカ夫さん(階級降格により変名。 詳しくは休憩室ブログをご覧ください)を始め殆どの日本人は、恐慌を恐れている。

恐慌を恐れなくても良い人は、どんな経済状態であれキャッシュフローが止まらない強者だけである。

キャッシュフローが止まれば、幾ら金を持っていたって換金して取り崩さなければならない。

Kanjiは災い転じて福と成せで、賭けに出たが敗れれば当然に無残な結果しかない。

殆どの人にとっては、恐慌は大変な災いにしかならないが、極一部の人は恐慌を利用して逆に大幅に財産を増やすだろう。

願わくば、ブログ読者だけでも災い転じて福と成して欲しい。

Kanjiもstruggleの真っ最中である。


posted by kanji at 11:25| Comment(1) | TrackBack(0) | 恐慌・バブル崩壊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月29日

Physical Demand for Gold and Silver is Draining Supplies

“実物の金銀の需要は供給を排出させつつある”

エリック・スプロットがずっと言い続けてきていることだが、それも供給が途絶えるのが非常に近いと直近でも言っている。

この場合の供給はGLDやCommexであろう。

Kanjiブログの読者にとっては、目新しいことではない。

問題はそれがいつ来るのか?

時間軸によっては待ちきれない人もいるだろう。

金ETFの余命もあと僅か・・・。

Are you ready ?
posted by kanji at 20:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 金銀現物・ETF・先物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Gold ChartそしてGDXとGDXJ

やはりというか案の定というか、昨夜金が上昇すると共に、金鉱株指数GDXとGDXJがダブルボトムを着け金を大幅に上回る急上昇を見せた。

20130629GDXJ.jpg
8.4%の急上昇!

現在、金は1237$近辺。

先日の記事通り、大底となった可能性がある。

金の動きだけでなく、GSRやGDX・GDXJを見ていると本当に勉強になる。

Kanjiは一貫して金銀に強気なのは、皆さんも十分に承知だと思いますが、エリック・スプロットのブログを始め、他の英語で書かれている金記事を読んでいますので、physical stock(現物在庫)がかなり払底してきていることも知り得ているので、金が暴落しても全く不安はありません。

それどころか、やれやれいつまで頑張るんだ・・・という感じで達観しております。

金関連ではいろいろなブログがあると思いますが、松藤氏を除き、Kanjiのように明確に強気の立場では書かれていません。

それが私のブログの特徴です。

今夜UPさせる記事にもエリック・スプロットについて書いておきました。 ご参考までに。
posted by kanji at 10:03| Comment(1) | TrackBack(0) | 金銀鉱山株 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。