金銀投資作戦参謀本部戦闘記録書庫

2013年05月15日

新紙幣

■先物市場の資金が枯渇してきたのか? 

金の下落理由として挙げられるのが、先物市場からの資金逃避です。

ヨーロッパも中国も景気の先行きはかんばしくありません。
「景気回復」が喧伝されるアメリカも、経済指標は悪い数字が続いています。

当然、先物市場は景気に先行して反応しますので、景気の悪化を予測して、先物市場の相場が下落します。
資金も当然、引き揚げられます。

原油価格も上値が重い状況が続いています。先物市場は景気悪化を予見している様です。

■アメリカのバブルは延命不可能か? 

アメリカは日銀に大規模な緩和を実施させて市場を支えさせ、その間に「出口」を達成しようとしています。

これが上手く行けば、アメリカ経済は多少延命が可能です。しかし、それとて危機が回避できるわけではありません。

■2013年に発行されるかも知れない新100ドル札は金兌換? 

2010年5月に発行予定だったこの新100ドル紙幣発行ですが、2011年に延期され、結局未だに発行されていません。

この紙幣の右側に書かれた筆記体の文字も意味深です。
エキサイト翻訳に突っ込んでみました。

「政府のどんな形式もこれらの終了に有害になる場合は常に、それが人々がそれを変更するか廃止し、そして、そのような法則にその基礎を置き、それらに関して、そのような形式のその力を組織して、新政府を設立する権利であることは、それらの安全性と幸福を達成する可能性が最もありそうに見えるものとします。」

何だか、現在のアメリカ連邦政府への痛烈な批判の様にも受け取れます。

この新100ドル紙幣は、金兌換紙幣だとも噂されています。 この紙幣、アメリカのサイトでは2013年中も発行されると言われています。 ところが、この紙幣が盗まれたらしい。


「新デザインの米国100ドル紙幣が大量に盗まれる、13年から導入」 CNN 2012.10.13 )http://www.cnn.co.jp/usa/35023027.html

<全文引用>
ニューヨーク(CNNMoney) 米連邦捜査局(FBI)は13日までに、東部ニュージャージー州の連邦準備銀行へ搬送中だった新たにデザインされ、2013年から導入予定の100ドル(約7800円)紙幣が大量に盗まれる事件が起きたと発表した。

フィラデルフィアのFBI支部の報道担当者によると、犯行は今月11日に発生。新紙幣を積みテキサス州ダラスを出発した民間航空会社の便がフィラデルフィア空港に到着した現地時間の同日午前10時20分から、ニュージャージー州内の送り先に荷物が着いた同午後2時頃にかけて盗まれたと見ている。
ニュージャージー州内で新紙幣を運んでいた運送会社が一部が消失していることに気付き、通報した。
FBIの報道担当者は、詳しい被害額には触れなかったが、相当な金額としている。
新紙幣は、背面に「100」の図柄、表の面にはオレンジ色の「自由の鐘」などがかたどられている。<引用終わり>

ほとんどジョークにもならない様な、お粗末な話ですが、陰謀論的には、この新100ドル札の発行をどうにかして阻止したり勢力が居る様に思えます。

何故、彼らがこの100ドル紙幣を抹殺したいのか・・・?

ここから先は、想像にお任せしますが、いずれにしても「尋常で無い」事が、普通に起きているのが現在の世界です。まあ、日銀のバズーガー砲が一番「異常」かも知れませんが・・・・。

ソース:http://green.ap.teacup.com/pekepon/1096.html(抜粋)



posted by kanji at 01:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 為替・通貨 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

もう少しだけなんとか頑張って!金銀ETF

金銀ETFの命もあとわずかしかないかもしれない。

金銀ETFの残高が減って、現物が消えている。

金銀ETFから現物への資金移動が起きているということだろう。

まずい・・・もう少しだけでいいから(2,000$くらいまで)もうちょっと生き延びて欲しい。

一般人も気付き始めている。


5月7日に香港(特別行政府)が公表した通関統計で、香港から中国への輸出すなわち中国の3月の金輸入(スクラップを含む)は、223.5トンとなっていたことはサプライズといえた。これまでは120〜130トンくらいが単月での最高だったのと、3月の金価格が1600ドルを割れていたが、比較的安定していたからだ。今年の2月は97.1トンなので一気に倍以上に膨らんだことになる。昨年の3月は62.9トンだったので3倍以上となる。思い起こせば昨年は4月に102トンの数字が出て驚いたものだった。というのも春節すなわち旧正月を挟んだ時期が中国の需要期であって、そこを離れた4月に100トン超えとは思ってもみなかったからだ。ただし、考えてみれば銀行での窓販が日常化した今や、そうした伝統的な金の需要期について少なくとも中国では相対的に季節性が薄まっているのかというのが推論だった。それでも民間部門だけではなく、公的な動きを考えざるを得なかった。今回も4月の急落の前段階でのことなので、同じ思いでこの数字を受け止めた。中国人民銀行の外貨準備に占める金の比率は、IMF届出ベースでは1.5%になるが、すでに2〜3%程度になっているという見方もある。

いずれにしても、今回の急落を境に現物買いが激増というのはその通りだが、果たしてそれがどの程度なのかというのが数字で示されないと捉えどころがなかった。今回のように具体的な数字が出てくると、ならば年始から300から400トン程度減っているETFの減少分に見合う需要が反対側で起きているんだという判断がつくことから、センチメントの改善には役立つことになる。インドの数字は、来週後半には1−3月期の需要が明らかになる。来週はETFの持ち分変動も明らかになる。その面で来週は、金市場の内部要因の注目週となる。

ソース:http://blog.goo.ne.jp/msi021112/e/2b22cea138c8b4af59a8e382ac8147ff

posted by kanji at 01:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 金銀現物・ETF・先物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。