金銀投資作戦参謀本部戦闘記録書庫

2013年04月11日

必読の金書籍



金価格は月に届くほどに上昇する
かならず経済的な大惨事が訪れる
世界経済は崩壊の危機に立つことになる
金を持っていれば、そうした中でも自分を守ることができる
(2004年9月 フェルディナント・リップス)




上記の本は、『Gold Wars: The Battle Against Sound Money As Seen from a Swiss Perspective』の著者であり、1931年生まれのスイス、チューリッヒ・ロスチャイルド銀行の元バンカー(2005年9月没・享年74歳)によって書かれた。

これは今まで黙っていたことだったが、訳者の大橋氏とは面識がある。 彼とは何度も金の見通しについて話し合った。 実は彼は昔、ジパングの社員だったのだ。 途中、ジパングを自主退社している。 これ以上の事は書けないが…。

金投資を考えるとき、絶対に忘れてはいけないのが、ロスチャイルドの存在である。 

リップス氏は長年ロスチャイルド銀行の金庫番をしていた。 いわばロスチャイルドのインナーサークルのメンバーだった。 その彼が、「金価格は月に届くほどに上昇する 、かならず経済的な大惨事が訪れる 、世界経済は崩壊の危機に立つことになる」と書いている。

Kanjiも全く同感である。

これまで、金銀が暴落といってもいい程下げた時でも、Kanjiが金銀に強気だった事は不動である。 金暴落の可能性については何度も触れた。 しかし、金の上昇がそこで終わるような見通しを持った事はない。

昔、ジパングの講演会でリップス氏が招かれ講演した時があった。

あの時、リップス氏のジパングでの講演を以って、Kanjiは松藤氏がロスチャイルドに認められたと安堵したものだったが、結果的にロスチャイルドのお眼鏡には適わなかったのだろう。

かつて株主だったKanjiにとっても重ね重ね残念である。

金銀投資家なら絶対に読まずには、金を語れない書籍だ。

断言する。


posted by kanji at 00:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 推薦図書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。