金銀投資作戦参謀本部戦闘記録書庫

2013年03月19日

所謂"エコノミスト"による金銀予測

Kanjiは暇さえあれば本を読んでいます。 当然金銀についての著作は必ずと言って良いほど読んでいます。

マカ男さんネタを披露してばかりの色モノではありません。 

問題は知識をどれだけ身につけられたかと言うことではなくて、その知識を最高のタイミングで正しい(間違っていない)決断を下せるかということ。

いつもこのことばかり考えている。

例えば真坊さんも随分と心酔しているようですが、増田悦佐さんというエコノミスト?が経済本を良く出している。 最新刊の『デフレ救国論 ~本当は怖ろしいアベノミクスの正体~ (徳間ポケット)』も読んだ。

データを基にした経済分析が彼の特徴である。 一見、かなりの知識人でそうかそうかとなりそうであるが、日本の高度経済成長を終わらせた犯人は、田中角栄の列島改造論にあるとデータ分析で解説しているが、その犯人とやらは角栄ではない。

昭和のミッドウェーとも言うべき“ニクソンショック”である。

いくらデータが正しくても、その使い方が間違っていれば、結論は全く違ったものになってくる。

この一件だけを採って彼を評価しないということはない。

言いたいことは、彼程の人であっても間違うということだ。

Kanjiも金が上昇すると2001年に全くベストといってもいいタイミングで気が付いた。 ベクトルは誤っていない。

しかし、せっかく大多数の投資家に先んじて気が付いたにも拘わらず、使い方を間違ったために虎の子の空母4隻に匹敵する損害を出してしまい、未だ苦闘している。

読者の皆さんはKanjiを他山の石にして欲しい。

金銀の雌伏の時間ももう少しで終わる。

但し、Kanjiはマカ男さん以上の早撃ちだということをお忘れなく。


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。