金銀投資作戦参謀本部戦闘記録書庫

2013年02月09日

ジパング~序章3:聞け!わだつみになった声を!~

“序章3”ともなると序章という感じでもありませんが、もう暫くのお付き合いを。

松藤氏の言動から『人の振り見て我身を直せ』というか慄然とした事があります。

大東亜戦争時の政治家や陸海軍トップの無能ぶり、具体的には東条英機のあまりにも狭量で無能さに天を仰ぎ、富永恭次牟田口廉也の唾棄すべき卑怯さと無能っ振りに少年時代から憤慨してきた筈の人間が、自分自身が全く気が付かずに同じことをしているということ。

そして航空機の時代(金の時代)を自ら証明したにも関わらず最後迄、艦隊決戦(キャピタルゲイン)思想から逃れられずに、補給(キャッシュフロー)を軽視して自滅した事。


炎上する赤城から始まります。 まさに気分は南雲忠一。

※最近CG映画がもの凄く進歩しています。 戦闘物も非常に豊富なので面白いですよ。 真坊さん。

※ジパングの戦闘指揮官の無能ぶりで山口多門の如く、圧倒的に不利な状況から奮戦中。

軍人は戦争のプロだった筈。 松藤氏も金に関連して相当のキャリアを当時既に持っていた筈。

私に当てはめれば、顧客にデフレ時代にキャッシュフローに投資するのではなく、不動産転がしに投資するよう勧めるようなもの。

特にこの事を思い起こすと私自身、戦慄します。

長年、戦史を研究してきて、日露戦争と比べれば大東亜戦争の方が大勝利できる可能性が高かった!(一般には信じられないでしょうが。)、この戦争で政治家から軍人まであまりの視野の低さと無能さと卑怯な振舞いを知るにつけ、松藤氏も相当に憤慨し切歯扼腕してきたことでしょう。

考え過ぎ?と言われるかもしれませんが、私にはわかります。 彼のこれまでの言動や著作から相当に大東亜戦争時の書物を読みこんできた事が。 

ここが急所。 

人間論となってしまうかもしれませんが、それ程の想いをしてきたのに自分の事になると全く見えなくなってしまっている事。

自戒を込めて、再認識する重要性を感じました。

ジパングに投資した事で、Kanjiが得ることができた事は、唯一この事だけかもしれません。

これで序章を終わります。


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。